風みどり のすべての投稿

詰棋書紹介(18) 詰将棋半世紀


詰将棋半世紀 柏川悦夫(香悦) 詰将棋研究会 1994.11.1

ここに収録した詰将棋は自伝です  柏川香悦

詰将棋作品集を作ろうという人なら、誰だってそう思う。
ひとつひとつの作品に思い出が詰まっている。
でも、この文章を書いていいのは柏川悦夫だけじゃないだろうか。
同じことを語っても、圧倒的に重みが違うのだ。

柏川氏の作品集は5冊目になる。

    「詰将棋鞠藻集」 1951.11 将棋評論付録
    「駒と人生」 1963.12 全詰連
    「新まりも集」 1964.9 近代将棋付録
    「詰」 1975.6 野口文庫

「詰将棋半世紀」は第1部「駒と人生」100局、第2部「盤上流転」150局という構成で、柏川詰将棋の集大成になっている。西東書房から出版する予定だったのだが、七条社長が1989年に逝去されたので、森田さんが自費出版で作った。所持していない方は古本屋やヤフオクで見つけたら買う一手だ。特に、短篇・中篇を志すなら柏川悦夫を知らないでは話にならない。

つい熱くなって、先にamazonリンクを貼ってしまったが、5000円なら安い!と思って……。

作品紹介に進もう。

柏川悦夫 駒と人生 第35番 将棋評論 1952.8

以前もこの作品選んだような予感がする。(調べないが)

この詰棋書紹介シリーズ、書影用意して作品選んでki2ファイルつくって、ちょこちょこっと紹介文書いて……だけなので簡単かと思いきや、実は一番時間がかかる。
なぜかというとその本を手に取るのは大抵久しぶりなので、読みふけってしまって、新たな発見したり、また関連することを調べ出したりしてしまうから。

紹介文もたいてい最後にごっそり削る。
自分が感動したことを書き連ねてしまうのだが、そんなことは実際に本を読んでもらって、自分で感じて貰えばいいからだ。

もっと冷静に、淡々と書きたい。

第3部は諸氏による柏川作品の紹介。
もちろん、こんな処で作品をけなすなんてあり得ないし、普通は誉めるに決まっている。
だから似たような企画が別の本にもたまにあるが、あまり読まない。面白くないから。

だが、本書の第3部はいつもとは違う。これは必読だ。
うまく表現できないが、漂う雰囲気からして違う。
漂っているのは諸氏の柏川悦夫への尊敬の念だろうか。

詰将棋入門(37) 「槍襖」

北村研一 「槍襖」旧詰将棋パラダイス 1950.9

第1回看寿賞受賞作品。
受賞通知が届いた5日後に30歳の若さで亡くなり、結果の掲載されている昭和26年7月号は作者の北村研一は見ていないという悲話とともに最も有名な詰将棋の一つ。
続きを読む 詰将棋入門(37) 「槍襖」

詰将棋雑談(5) 禁じられた遊び

「禁じられた遊び」といえば……?
続きを読む 詰将棋雑談(5) 禁じられた遊び

更新情報 詰将棋ガイダンス「詰将棋の楽しみ方」

はじめてこの頁にいらっしゃった方のための詰将棋ガイダンス「詰将棋の楽しみ方」はnoteにおいてあります。
だいぶ書き進んできたので倉庫の古い方は片付けます。

更新情報

JCPSのParadiceBooksがつみき書店でも購入できるようになりました。
若島さんのブログがいつの間にかなくなっているので、噂は聞いていても入手することができなかった本がここで購入できます。

  • noteにも書いたけど、「盤パラ」が定価で買えます。
  • 山田康平「うるてぃめいと」は完売だそうです。残念!

続きを読む 更新情報

詰棋書紹介(17) 近代将棋図式精選

近代将棋図式精選 森田銀杏 西東書房 1983.2.10

本来は箱入りなのだが、我が家ではもう長いこと箱は見た記憶がない。
続きを読む 詰棋書紹介(17) 近代将棋図式精選

詰将棋入門(36) 大井美好の捌き

大井美好 詰パラ 1951.7

ここからは「古今短編名作選」や「三百人一局集」などをネタ本として進めていく。

本日取り上げる作家大井美好は人によって好き嫌いが分かれる作家だ。
続きを読む 詰将棋入門(36) 大井美好の捌き

二流作家のメンタルヘルス(6)

北原義治 独楽のたに 第44番 1978.9.10


74馬、83飛、同馬、同歩、93飛、81玉、83飛不成、82銀、
93桂、91玉、92歩、同玉、84桂、91玉、81桂成、同玉、
73桂、91玉、92桂成、同玉、93銀成、同銀、81飛成まで23手詰
続きを読む 二流作家のメンタルヘルス(6)

ハチクロ全巻セット売ります

羽海野チカ先生の「3月のライオン」は、この頁に来られる方はまず9割方は読んでいると思います。

ちょっと古いのですが、今日は14巻についての話です。(思い出してください)
続きを読む ハチクロ全巻セット売ります

紙の本のリスク

紙の本を出版するリスクは2つある。

  • 印刷製本にお金がかかる
  • 刷った本の置き場に困る

続きを読む 紙の本のリスク