「5_misc」カテゴリーアーカイブ

\(\LaTeX\)による詰棋書の組版(7) 柿木ファイルから変換する

第7回です。
第5回までで詰将棋の図面を印刷できるようになりました。
それには詰将棋を次のような形式で表現しなければいけません。

\図面始
\後手{5}{1}{玉}
\先手{5}{3}{歩}
\図面終{金}

\図面始
\後手{1}{1}{香}
\後手{2}{1}{桂}
\後手{2}{2}{玉}
\後手{1}{4}{歩}
\先手{3}{4}{銀}
\図面終{金 銀}

この形式を仮につみき形式と呼ばせてもらいましょう。

今回は柿木将棋の形式をつみき形式に変換するスクリプトを書きます。

続きを読む \(\LaTeX\)による詰棋書の組版(7) 柿木ファイルから変換する

\(\LaTeX\)による詰棋書の組版(番外)

連載第5回–駒を配置する–で\(\LaTeX\)で将棋の盤面を描くマクロを公開しました。(公開といっても新たに書いたものですが)

このマクロをさっそく浦壁さんが改良してくださったので、ここに転載しておきます。
続きを読む \(\LaTeX\)による詰棋書の組版(番外)

\(\LaTeX\)による詰棋書の組版(6) awkを導入する

第6回です。
前回までで詰将棋の図面を印刷できるようになりました。

今回は柿木将棋の形式をつみき形式に変換するスクリプトを書く準備として使用する言語 awk を導入します。

続きを読む \(\LaTeX\)による詰棋書の組版(6) awkを導入する

\(\LaTeX\)による詰棋書の組版(5) 駒を配置する

第5回です。
今回までで取りあえず詰棋書を組むことが可能になります。

続きを読む \(\LaTeX\)による詰棋書の組版(5) 駒を配置する

\(\LaTeX\)による詰棋書の組版(4) 将棋盤をたくさん描く

第4回です。
今日は将棋盤を沢山簡単に描く方法について学びます。

続きを読む \(\LaTeX\)による詰棋書の組版(4) 将棋盤をたくさん描く

書籍紹介『花井おばあさんが解決!ワケあり荘の事件簿』


このブログも少しずつ新しい読者も増えてきている(?)での、まず作者の紹介からする必要があるだろう。

カバーには次のように紹介されている。

1952年、長野県岡谷市生まれ。中京大学法学部卒業。趣味は詰将棋創作で、詰将棋パラダイス半期賞、日めくり詰め将棋カレンダー山下賞を受賞。第17回『このミステリーがすごい!』大賞・優秀賞を受賞し、2019年に『盤上に死を描く』にてデビュー。

下記が『このミス』大賞受賞作だ。


続きを読む 書籍紹介『花井おばあさんが解決!ワケあり荘の事件簿』

\(\LaTeX\)による詰棋書の組版(3) 将棋盤を描く

第3回です。
前回、文章を\(\TeX\)で出力する方法を学びました。
今回はいよいよ将棋盤を描きます。
続きを読む \(\LaTeX\)による詰棋書の組版(3) 将棋盤を描く

\(\LaTeX\)による詰棋書の組版(2) 「Hello,world!」を出力する

さて第2回です。
みなさん、Cloud LaTeX のアカウントは取得しましたか。

今回はまず文章を出力するまで一気に進みます。

マイページにつぎのようなバーがあるはずです。


続きを読む \(\LaTeX\)による詰棋書の組版(2) 「Hello,world!」を出力する

\(\LaTeX\)による詰棋書の組版(1) Cloud LaTeXのアカウントを取る

どこまで書けるか分かりませんが、スタートしてみます。
全然見通しも立っていないのに始めてしまう。これがオイラの長所であり短所です。

\(\TeX\)は数式を含んだ文書を組版するためのソフトです。 続きを読む \(\LaTeX\)による詰棋書の組版(1) Cloud LaTeXのアカウントを取る

合駒か間駒か

風みどりはアイ駒は間駒と書くようにしています。
書籍では長いものに巻かれて合駒と書いています。
続きを読む 合駒か間駒か