4_ぐだぐだ独り言」カテゴリーアーカイブ

幻の三重衝突

詰将棋の歴史において「三重衝突」といえば、「呪われた夜」「メガロポリス」「新世界」というのが常識だ。 「Limit7」を読んでくださった方ならば、1956年に「21玉/持駒飛金4」で同一作の三重衝突事件が起こっていた事も … 続きを読む

カテゴリー: 2_つみき書店, 4_ぐだぐだ独り言 | タグ: , | コメントする

倉庫も整理しなくては

「全国大会2019雑感」として色々、書きたい事はあったのだが、あっという間に忘れてしまうものだな。hiroさんのように手帳につねき書き留めておかねばいけないのかもしれない。 とてもスムーズな大会運営の中で一つだけ「あれ? … 続きを読む

カテゴリー: 1_詰将棋, 4_ぐだぐだ独り言 | タグ: | コメントする

全国大会2019@大阪産業創造館

前日のあいも文化交流館での蛸研を含めて2日間だったので、満足感が高いです。 とにかくホテルに帰っても詰将棋のことだけを考えていて良いというのはなんと贅沢な時間であることか。 神戸のチェスプロブレム世界大会を思い出しました … 続きを読む

カテゴリー: 2_つみき書店, 4_ぐだぐだ独り言 | タグ: , | コメントする

図書館の思い出

石川さんのエントリーに次のような文章があった。 これまで自費出版の詰棋書を県立や市立の図書館に寄付した経験がある。お礼の文書を添えて丁重なお礼を口頭でも受けるのだが、その後、一般の人が閲覧できる書棚に当該本が並んだことは … 続きを読む

カテゴリー: 4_ぐだぐだ独り言 | タグ: | コメントする

「Limit7」完成しました

「令和になってたくさん仕事が来る予定なので、7月14日に完成させるには少しでも早く作り始めたい」 と印刷所が急かすので、正直いって校正にも疲れ果てたところだったので入稿したら、あっという間に完成しましたと届いた。 仕上が … 続きを読む

カテゴリー: 2_つみき書店, 4_ぐだぐだ独り言 | タグ: | 1件のコメント