「2_つみき書店」カテゴリーアーカイブ

原稿募集します

シリーズごとに微妙に文体をかえていますが,このブログは今のところ風みどりが一人で書いています。
しかしさすがに100日以上もオイラの文章バッカシでは飽きると思うので,投稿原稿を募集いたします。

cat.A 忘れえぬ詰将棋

感動した詰将棋,笑ってしまった詰将棋,思い出の詰将棋etc.
エピソードを交えて語ってください。

cat.B 私のベストn

nは自然数ならOKです。
詰パラなどにはちょっと恥ずかしいという方は,是非つみき書店で発表しましょう。

cat.C その他詰将棋に関すること

「この詰」や「詰将棋ファン」,「青い鳥20xx」に投稿したけれど「ちょっとうちでは…」と採用されなかった論文もつみき書店なら(多分)通ります(1日休めるから)。鈴川さんや小池さんに没にされた原稿も捨てる前に一度投稿してみてください。

  • 投稿はメールでkazemidori@gmail.comまで
    表題に【投稿】と入れておいてください。
  • 採用者には粗品(製作中!)を進呈します。

「盤上のパラダイス」入荷しました

  • 売り切れでご迷惑をおかけしていました若島正「盤上のパラダイス」ですが、入荷しました。
  • 「Limit 7」に続くつみき書店制作詰棋書第2弾は「野村量の詰将棋500」です。詰将棋全国大会での発売を目指して鋭意製作中です。みなさまお楽しみに!間に合わなかったら御免なさい!!
  • 第3弾は昨年から交渉中ですが、未だよい返事をいただけていません。引き続き頑張ります。

更新情報ほか

  • 詰将棋のルール論争(4)に追記しました。
  • つみき書店で「5000円以上のお買い上げで送料無料」サービスを廃止しました。(仮に1000円の本を売ってつみき書店にはいるのは250円ですから、そこから送料180円をサービスするのは厳しいということが分かりました。本は重い。)
    某所は送料500円ですから、180円は良心的な設定と考えてください。お願いします。
    高価な古書は個別に送料無料にしています。

「詰将棋ファン創刊号」のダウンロード販売を開始しました

  • 詰将棋ファン創刊号」のダウンロード販売を開始しました。
  • 杉の宿合宿の詰将棋成分がかつてなく高まるかもしれません。現在10名の参加希望者が(私も含めて)集まっていますが、うち7人は詰将棋村の人間です。馬屋原さんは久しぶり、小林さんも2年ぶりの参加です。社団戦・チェスプロブレム世界大会と日程がずれたことが良かったのですね。
    初参加の方も2人、さらに検討中の方もいらっしゃるようです。

    まだ2ヶ月も先ですが,楽しみです。コロナが再び増えてきて、県境が封鎖されないことを心から願います。

    まだまだ参加者募集中ですので、風みどりまでメール・DMください。

つみき書店でダウンロード販売を開始しました

つみき書店でPDFのダウンロード販売を開始しました。
武島広秋(大橋宗角)氏の選題・解説による「スマホ詰パラ好作選」および「スマホ詰パラ好作選2014-2016」が購入できます。

他にもアイテムを準備中ですので楽しみにお待ちください。

もしつみき書店で売りたいアイテムをお持ちの方は是非ご相談ください。

ハチクロ全巻セット売ります

羽海野チカ先生の「3月のライオン」は、この頁に来られる方はまず9割方は読んでいると思います。

ちょっと古いのですが、今日は14巻についての話です。(思い出してください)
続きを読む ハチクロ全巻セット売ります

紙の本のリスク

紙の本を出版するリスクは2つある。

  • 印刷製本にお金がかかる
  • 刷った本の置き場に困る

続きを読む 紙の本のリスク

「岳麓」入荷しました

新進気鋭の山田涉太「岳麓」がつみき書店でも買えるようになりました。

これくらい陳列すれば、詰将棋専門の本屋を称しても許されるだろう。

「青い鳥」取り扱い始めました

本日、「青い鳥」入荷しました。

この秋には第2弾が発売されると噂のkisy一族作品集。その第1弾です。
昨年できたばかりの本物の新刊です。
今、一番旬のメンバーが揃っている、とびきり生きのいい作品が揃っています。

なぜ紙の本なのか

今どき、なぜ紙の本で出版するのか。
続きを読む なぜ紙の本なのか