2_つみき書店」カテゴリーアーカイブ

幻の三重衝突

詰将棋の歴史において「三重衝突」といえば、「呪われた夜」「メガロポリス」「新世界」というのが常識だ。 「Limit7」を読んでくださった方ならば、1956年に「21玉/持駒飛金4」で同一作の三重衝突事件が起こっていた事も … 続きを読む

カテゴリー: 2_つみき書店, 4_ぐだぐだ独り言 | タグ: , | コメントする

「Limit7」制作備忘録(6)

今回は4人で原稿を分担した。 主にメールと手渡しでデータのやりとりを行ったが、この方法は時代遅れだったようだ。 「この詰」は以前から box を使っている。 「青い鳥」が驚異的なスピードで仕上げることができたのは sla … 続きを読む

カテゴリー: 2_つみき書店 | タグ: | コメントする

「Limit7」制作備忘録(5)

Amazonで買える詰将棋作品集には次のようなものがある。(マイナビや河出書房新社は除いた)    ……と思ったら、岡本さん「竹馬」は売り切れたのですか。松田さん「すなどけい」、高騰していますね。3冊持っているからヤフオ … 続きを読む

カテゴリー: 2_つみき書店 | タグ: , | コメントする

「Limit7」制作備忘録(4)

今日は索引と参照の話。 LaTeXには索引を作るmendexというツールがある。 そこで棋譜ファイルからデータを読み込み次のように作者名にindex{}をつけておいた。 \def\作者#1{% \def\sakusya{ … 続きを読む

カテゴリー: 2_つみき書店 | タグ: , | 2件のコメント

「Limit7」制作備忘録(3)

つみき書店の本の作り方を公開しておこう。 一番はじめはこんな感じ。 \section{盤面5枚} \作品 b5_0027.ki2 \作品 b5_0036.ki2 KIFUファイル名と同名のb5_0027.txtとb5_0 … 続きを読む

カテゴリー: 2_つみき書店 | タグ: , | コメントする