詰将棋入門(86) 遠打2連発

伊藤看寿 『将棋図巧』第62番 1755.3

序盤は、ほぼ絶対手なので、初見の方は挑戦する価値あり。

序盤は他に手もなく、野暮な駒交換から始まる。
「図巧」は初形の玉位置趣向があるので、初形を18玉にしたかったのであろうが、それにしても……。
この後の主眼手を引き立たせる目的なのか?

17金、同馬、19銀打、29玉、18銀打、同馬、同銀、28玉、

2筋は21香が守っており、飛車打ができない。
白マスは11馬が守っており、73角には55歩合とされる。

こういう場合の定番の手筋が焦点の捨駒である。

22飛、

間駒しても11馬の利きを塞いでいるので73角がある。

同馬、23飛、

香の利きが消えたので23飛。
角でなく馬だからこの手も捨駒にすることができた。

同馬、73角、

あとは自然な収束である。

18玉、19銀、17玉、62角成、27玉、26馬、38玉、37馬、29玉、28馬 まで23手詰

線駒の焦点を遠くに持ってくることで飛車の遠打を実現し、さらに角でなく馬にすることで2枚飛車の連続捨駒を演出することができた。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください