いっこの積木(27)

『いっこの積木』は風みどりの詰将棋作品集としてまとめる予定です。

第2章 50手詰以上

世間的には長手数カテゴリーですが、オイラの作品は超ヤサシイので是非解いて、感想を聞かせてください。
第1章の次に長手数を持ってきたのは手塚治虫「火の鳥」のパクりです。

風みどり「いやがらせ不成」 詰パラ2005.2

  • 感想を貰えたら喜びます。
  • その感想は作品集に収録させていただく可能性があります。
  • 正解はこの下にあります。
  • 正解を見ての感想でも歓迎です。

自作中タイトルをつけて発表できたのは今のところこの1作だけ。
ところが「これではタイトルではなくヒントだ」と言われてしまった。
そうかも?

北野龍一—桂があれば33桂で逃れるものを。

あちこちに圭がいるのは、そういう事情です。

永田安親—33の地点の銀合の強防にてこずった。

11玉に移動させてから馬で王手するのは銀合の予防です。

馬が近づく理由は、このままでは13飛成、21玉、31銀成、同玉、23龍と無理矢理龍を取らせようとしても41玉と逃げられてしまうためです。65馬まで近づけばこの変化が詰むようになるので、23龍に同玉となるわけです。

発表時に誤解者が3名も出たのは、おそらく歩打・歩成を省略して歩打だけにしてしまったのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください