詰将棋つくってみた(6) 募集中の創作課題まとめ

課題2:玉方歩の頭に大駒を捨てる詰将棋を創ってください。
(捨てる駒は飛車でも角でも龍でも馬でも、持駒でも置駒でも不問)

  • 手数制限はありません。
  • 未発表作に限ります。
  • 投稿先はkazemidori+kadai@gmail.com
  • 締切は1月31日
  • Judgeは有吉弘敏さん!

創作課題1について、小林敏樹さんからより挑戦しがいのある追加課題が出されました。
間駒職人さんからも提案があったので追記しておきます(6)。

このように「さらに何かを欲しがっていく」のが詰将棋作家への道なのですね。

一方でつみき書店は「緩くても詰将棋で楽しく遊べる」ことを重視しますので、逆に「作ってみたけど、条件を満たせなかった」という作品も募集します。すなわち、1筋に収まらなかったとか、連続にならなかったとか、そういう作品もどうぞ送ってください。
またプレーンな課題1を満たす作品も募集します。結果発表を見たらひらめいちゃったということもあると思うので。

創作課題\(1+n\):1筋に飛車を2連続で捨てる詰将棋を創ってください。
\(n=0\) 1筋に飛車2枚連続で捨てる
\(n=1\) (1x玉に対し)1y飛、同玉、1x飛、同玉、〇〇迄
\(n=2\) (11玉に対し)19飛、同x、1y飛、同z、〇〇迄
\(n=3\) (2x玉に対し)1(x-1)龍、同〇、1(x+1)龍、同〇、〇〇迄 +-は逆順も可
\(n=4\) 連続で捨てる飛の1枚を序で盤面に打っておく(7手)
\(n=5\) 連続で捨てる飛を2枚とも序で盤面に打っておく(9手)
\(n=6\) 連続で捨てる飛を2枚とも序で間駒で入手する
\(n=-1\) 「1筋」の縛りや「連続」の縛りを外した作品でもとにかく飛車を2枚捨てればOK

  • 手数制限はありません。
  • 未発表作に限ります。
  • 投稿先はkazemidori+kadai@gmail.com
  • 締切は2月15日
  • \(n>0\)のJudgeは再び小林敏樹さんがつとめてくれます。
  • \(n\le0\)も解答募集する予定です。
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください