詰将棋入門(104) 神局の呪縛を解く「落花」

黒川一郎 「落花」『将棋浪曼集』第50番 風ぐるま1952.3改

伊藤看寿の煙詰(図巧#99)の趣向は2号局が200年の長きにわたって現れなかった。

初手は95とと93桂成の二択だが、93桂成では一段目に落ちられて打歩詰。
まずは68龍を動きやすくするのが先決だ。

95と、同成香、同馬、同玉、96香、同玉、

続いて金を精算してしまう。

87金、同金、86金、同金、同と、同玉、

76とが消えてくれたのが大きいのだ。

76龍、95玉、94金、同玉、93桂成、同玉、83歩成、同玉、

94金が好手。後の変化で96龍を準備しておく必要がある。

74と右、92玉、83と、同玉、84と、同玉、74龍、93玉、

ここら辺が最初の難関か。
龍の活用を第一に考える。

85桂、82玉、83歩、91玉、92歩、同玉、94龍、81玉、

82玉と逃げ、83歩を打たせるのが2手伸ばす玉のうまい逃げ方。

82歩成、同玉、93龍、71玉、72歩成、同と、同香成、同玉、

93龍のところで、先に72歩成も成立する。
手順前後の瑕疵だ。

さてここからは楽しい追い趣向。

73桂成、61玉、62歩、同成銀、同成桂、同玉、

63桂成、51玉、52銀、同成銀、同成桂、同玉、

53歩成、41玉、42銀、同成銀、同と、同玉、

43歩成、31玉、32銀、同成銀、同と、同玉、

33歩成、21玉、22銀、同と、同と、同玉、

さてここが最後の難関。
気がつくと39飛の利きが通っているをお忘れなく。
82龍としたいが、46馬が遠く守っている。

23歩成、同と、14桂、同成香、23龍、同玉、

ずっと局面を動かしてきた龍を切り、あとは収束だ。

14と、同玉、15歩、同玉、16歩、同玉、17歩、同玉、

右下で詰上がる。

18歩、28玉、38金、18玉、19香、同馬、同飛、同玉、73角、18玉、28角成 まで99手詰

看寿の煙詰が\(\large\cup\)型の移動をするのと対称的に「落花」は\(\large\cap\)型の移動をする。これが200年の宿願を果たすことができた鍵となる発想だろうか。

5+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください