いっこの積木(52)

第4章 30手40手台

7手詰にも飽きてきたでしょうから、ここで中編後期(?)の作品を片付けてしまいます。
たまに難しいのもありますが、基本的にオイラの作品は易しいので考えてみてあげてください。

風みどり 詰パラ 1986.11

  • 感想を貰えたら喜びます。
  • その感想は作品集に収録させていただく可能性があります。
  • 正解はこの下にあります。
  • 正解を見ての感想も歓迎です。


詰将棋マラソンという誤解狙いの作品が集まるコーナーに投稿した。
といっても4手目の玉の逃げ方を間違えなければあとは素直な手順。
ひっかかってくれたのは3名だった。

    阪口和男 さぞかし18桂は待ちくたびれたことだろう。
    石川益雄 再度の14香により41飛を金にかえるのがポイント。18桂が貴重な存在。
    和田裕之 よくある手筋をうまく組合わせたという作品。はじめは4手目13玉で詰めたが12玉だと他に手がないようなのでこれで正解だと思いますがまさか変別では。とにかくマラソンだけに不安がいっぱい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください