詰将棋雑談(59) 単騎の馬で追い上げる 

詰将棋入門(144)の参考図を忘れないうちに紹介しておこう。

山田修司「鯉のぼり」『夢の華』第71番 詰パラ1968.5


2枚龍の連結を後ろ盾に、取れない馬が押し上げていく。
これを2枚角にしたのが昼間作という訳だ。

それにしても、序・中・終ともに完璧な仕上がりは流石山田修司だと惚れ惚れする。
この趣向の仕掛駒である2枚の龍を連続で捨てて最短の収束。

で、今回の雑談はこれにてお仕舞い。

なんだかいつもの雑談は3つぐらい紹介するパターンだったのだが、申し訳ない。

いや、短篇でこの筋の作品が記憶に残っていたのだけれど、探してみたら違っていて、それで書きかけのまま放置してあった。

いやホント歳はとりたくないものだ。
昔はもうちょっと記憶力があったものなんだけどねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください