いっこの積木(95)

第5章 7手詰つづき

第5章長くてすみません。
予定では(96)まで続きます。
デビューしたとき名前を覚えて貰うために、ひたすら7手詰ばかり作っていたんです。

風みどり 詰パラ1982.4改

  • 感想を貰えたら喜びます。
  • その感想は作品集に収録させていただく可能性があります。
  • 正解はこの下にあります。
  • 正解を見ての感想も歓迎です。


7手詰で邪魔駒消去を取り入れる場合、「\(4手で消去+3手詰\)」のパターンが多い。
本作は「\(2手で消去+5手詰\)」を試みてみたもの。
けっこう難解だったようだが、4手目53玉、55玉、6手目46玉の変同を嫌う評も多かったようだ。
駒数を増やせば消せたかもしれないが、当時は妻木先輩から「7手詰は盤面19枚以内」と言われていたので、すでに11枚だった図にこれ以上駒は増やせなかった。
「6手目46玉の変同は消せないので、いくつあっても同じじゃ」という気分である。
(因みに11枚も駒を使っておいて結局余詰で、上の図は紛れが減ってしまった)

次の評をいただいて、7手詰ばっかり投稿したのが功を奏したと喜んだ。
国分哲朗 この作者としては物足りないが、見せるつぼは心得ている。小泉中毒になりそう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください