いっこの積木(96)

第5章 7手詰つづき

第5章長くてすみません。
これで最後です。
デビューしたとき名前を覚えて貰うために、ひたすら7手詰ばかり作っていたんです。

風みどり スマホ詰パラ2014.5.31

  • 感想を貰えたら喜びます。
  • その感想は作品集に収録させていただく可能性があります。
  • 正解はこの下にあります。
  • 正解を見ての感想も歓迎です。


やはり7手詰で3手収束はイタすぎるなぁ。


小林敏樹さんから下図のような改良案が送られてきました。
作品集にはこちらで収録したいと思います(^^)。

「いっこの積木(96)」への2件のフィードバック

    1. 発想はその通りなのですが、仕上がりがアレなんで、なんとも言えない感じです。
      こうして並べてみると、まだまだやり残したことがあることに気づきます。
      小林さんも作品集作りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください