いっこの積木(98)

第6章 中篇前期(19手~29手詰)

7手詰も終わり、ここからは短めの中篇作品を並べていく。(作業は機械的に行なっているので、何が出てくるか自分でも楽しみ)

風みどり 近代将棋 1993.4

  • 感想を貰えたら喜びます。
  • その感想は作品集に収録させていただく可能性があります。
  • 正解はこの下にあります。
  • 正解を見ての感想も歓迎です。

自作には珍しい、桂香図式。
歩がないので図面が脂っこいがまぁ水準の出来映えと思っていた。
ただし近将発表としたが、実際には読者投稿欄に「詰朗会作品展」として出されたもの。

このときは金子清志さんが担当だったと思うのだが、どういう経緯か結果発表がされなかった。
それで解答者の感想などが聞けなかったので、もう30年も昔の話なのに未だに恨めしく思っている。

(だから作品の結果発表は早めにしちゃった方がいいと思いますよ>どなたか)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください