『すなどけい』つみき書店でも予約受付始めます

『増補新版 すなどけい 松田圭市詰将棋作品集』のつみき書店での予約の受付を始めます。(上の書影をクリック!)

増補新版というのは2002年に『すなどけい』は北海道IT出版から出された本だからです。
当然、このブログでも取り上げました。(過去記事
このときは100局だった。実はオイラは短編中心の場合、100局では少々物足りなく感じている。そこで200局に増量しましょうとお願いしたが断られて150局で決着しました。

松田圭市さんの作品は「詰将棋つくってみた」でもいくつも作品を提供していただいているのでご存じのようにセンスある短編作品がほとんどです。

特に「自分の夢の密度」であるという9手詰が70局とほぼ半数を占めています。

解いて楽しむことができる難易度もお手頃の作品集ということで、はじめての新書版での造本となりました。つみき書店の本はA5版にみっちり詰め込むという主義だったのですが、今回は特別に持ち歩けるサイズでの提供です。

1局紹介しましょう。

松田圭市 『すなどけい』第111番

あ、9手詰ではなく11手詰を選んでしまった。
まま、いいか。
『Limit 7』に収録できなかったのが惜しまれる好作です。
「えっ、これ詰むの?」と一瞬でも思わせたら作者の勝ち。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください