詰将棋入門(181) 四香追戻詰

三代伊藤宗看『将棋無双』第73番 1734.8

有名な「四香追戻詰」。ただし本局には2箇所の読み抜けがあり不詰。
解いてみようという方はそれを踏まえて考えていただくか、後述する駒場和男の補正案の方に挑戦することをお勧めする。

22馬が攻め駒の主力だ。

88銀、同玉、78金、97玉、
87金打、同成香、同金、同玉、

これで舞台は整った。
ここからメインの手順が始まる。

88香、

   76玉、77香、

65桂は取られるだけにしか見えないが、実は2手目96玉の変化で働いている。既に役割は終わった駒。

   65玉、66香、

香を例えば68香などと離して打つと、67歩、同香、56玉と潜られてしまう。

   54玉、55香、

見事に斜めに4枚の香が並んだ。

   43玉、44歩、同と、52銀不成、42玉、
43歩、同と、同銀成、同玉、34角、

1枚の角を飛車と交換して、この飛車で追い戻す。

   同龍、同銀、同玉、33飛、45玉、
23馬、

実はここで34桂の捨合で逃れる。
馬の利きに香を打っていったので、この香を消すには馬を動かす必要がある。そこら辺の構成に無理があったか?(駒場案を研究されたし)
またここで46玉という変化があり、37飛成で詰む。
この変化のための駒(28金/29桂)を消す収束を楽しみに待たれよ。

   55玉、35飛成、66玉、
46龍、77玉、57龍、88玉、

綺麗に4枚の香が現れたかと思うときれいに消えた。

89歩、98玉、99歩、同玉、
33馬、

実はここで77歩合で逃れる。
不詰順が2つも、どちらも宗看が見落とすような難しい順ではなく、正直いって信じられない。

   89玉、87龍、79玉、88馬、68玉、
78馬、58玉、59歩、同玉、

あとは平易な収束である。

57龍、49玉、67馬、39玉、
38金、同玉、37龍、29玉、

31手目23馬の前後の変化と紛れは右下辺の配置と絡んでおり、いろいろと試行錯誤する中でエアーポケットのように読み落ちてしまったのだろうか。
それにしても一門で検討するだろうし……謎だ。

56馬、18玉、19歩、同玉、
17龍、18金、46馬、29玉、

美しく捌け、最後は後世に煙詰の収束にも使われる順で詰み上がる。

18龍、同玉、28金、19玉、
38金、18玉、28馬まで75手詰

【駒場和男修正案】

途中の手順が変わるが寧ろ平凡な順なので進めてみれば判るはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください