高槻の詰将棋全国大会いってきました

人見知りする質なのであまり人の集まる所に出かけたりすることは少ない。
ところが、どういうわけか年に一度の全国大会にはここ数年、連続して参加している。

ゲットしてきた物

四百人一局集


自分用はすでに柳田さんから直接入手していたのだが、友人に頼まれていたので購入。
全詰連の書籍としては初のハードカバー?
やはり、上製本はいい。
私も本を作りたくなってきた。
この玉手箱をそのうち纏めてみようかな。

月下推敲


谷川浩司詰将棋作品集。
すでに毎コミに予約してあるのだけれど、直筆サインが貰えるとのことなので、保存用に購入。
頼まれていた分も購入。
さっそく、平成22年1月号の作品が掲載されているかを確認。
あった!
ということはつまりオイラの文章も谷川浩司作品集に載っているという事だ。
これは嬉しい。

小さな絵

近藤郷作品集。
懇親会会場でサインも貰った。
気になっている作品を探す。
あった!
第4番。
よかった。ちゃんと修正されている。
45香か。
口惜しいけど、駒を置かなければ修正できない事はオイラも確認した記憶がある。

Paradise Books

詰将棋解答選手権2011は藤田さんの表紙やグラビア頁のデザインだけでも買う価値あり。
来年もチャンピオン戦は選手として出場するつもりだけど、一般戦・初級戦は東京会場の手伝いではなく、船橋か宇都宮に遠征して手伝いに行こうかな。

この詰2010はもちろん去年の2010。
次号はこの詰2012で、来年でる。
ではなんで買ったかというと、去年買った2010がもうボロボロになってきたから。
昨年の夏にトルコに連れて行ったら、鞄の中でコーラでもこぼれたのか大変な災難にあったりしている。

駒doc.

まとめて貰った。

作品集め

こちらは今回は不作で、具体的には1作も集められなかった。
デパートの岡村さんが上田さんから図面をもらっているを指をくわえて眺めているだけ。

しかし、伊藤正さんと初めてお会いする事が出来た。
来年の6月までには作品をもらえる予定。楽しみだ。

洞江さんからも20年ぐらい先に投稿して貰える事になった。生きてるかなワシ。

橋本孝治さんの姿も久しぶりに拝見して、作品くれるようお願いしたかったのだが、まだまだ時間があると思っていたら、大会の途中で帰られた。
残念至極。

カミさんサービス

今年はカミさん同行で来た。
そのお陰で、当日の午前中は大阪城見学。
翌日はUSJと疲労困憊。
夜に柳田会長一家とすれ違い。「お互いに大変ですね」とテレパシーを送った。

カテゴリー: 詰将棋 タグ: , , , , パーマリンク

高槻の詰将棋全国大会いってきました への5件のフィードバック

  1. HYO牛TAN党 のコメント:

    四百人一局集はaccelerationさんのお隣でした。
    (風さんのお隣は流さんでしたね。)
    それにしても職業欄に年金生活というのが多いのは、
    日本人が長寿になったからなのか、詰将棋界特有なのか。
    全詰連のサイトにも詰パラのサイトにも購入方法が書いておらず、
    全国大会に行かなかった人はどうやって買うのでしょう。

  2. 風みどり のコメント:

    昔のパラみたいに、どうやって入手できるのか謎というのも、入手できた時の喜びを高める作戦かも。

  3. 解答欄魔 のコメント:

    小さな絵、画像付きで紹介いただき感謝です。
    自作集もそのうち出したいですが、近藤さんのような文章は到底書けませんね。

  4. 風みどり のコメント:

    「迷図」でしたっけ?
    楽しみです。
    迷路の本と間違えられないような書名に変えたほうがいいと思いますが(^^;

    詰将棋探検隊の復刻と、改定新版も期待しています。

  5. HYO牛TAN党 のコメント:

    探検隊の増補改訂新版、ぜひお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.