詰パラ5月号

表紙

なんだか久しぶりに芹田さんの作品を解けた気がする。
もういつも解答選手権で痛い目に遭っているので芹田・谷口ときたら解ける気がしない。
この作品は桂馬の使いどころが此処しかないので解いてみようかなと挑戦した。

表紙の言葉(表2だけど)で、詰将棋の会合に若者が居ないと嘆いている。
そういえばオイラが高校2年の時、詰将棋に出会って、田宮さんの詰朗会に出かけたら小中学生から大学生が主体だったけな。利波さんは半ズボンだったし。

でも自分から足を運んだんではなくて、最初は原敏彦さんに誘ってもらったんだった。ヤン詰への投稿から住所を調べたんだろうな。
詰棋ストは人見知りする子が多いから、最初は手紙でもメールでもいいから誘ってあげる方が集まってくると思うなぁ。

あと「著名作家と知り合えるチャンス」とあったけど、それがある意味、怖いような気がする。
例えになっているか解らないけど、パズル懇話会とか興味あっても、雲の上の人たちの集まりでとても自分のごとき一般人は場違いだからとても参加はできないなと思うではないですか。
詰朗会は参加できても詰将棋研究会はとても無理という感じ?
今だったら、詰工房は(飲み会だけなら)参加できても、たま研は敷居が高いなという感じかなぁ。

大学院撰題の言葉

「ある酔っぱらいのオッサン」だけではどなたのことだかわからないでしょうか。
詰将棋界では通じるかなと思って使ったのですが、関東周辺でしか通じないかもしれない。
でも、今年の秋には神戸でその方の実態が明らかになり、関西のみならず、世界的に通じるようになると予想されます。
だから、このままでいいや。

大学院

大学が見ただけで恐ろしげなラインアップなので、みなさん大学院まで回ってこないかなぁ。
今月は手数は長いけれど、大学院の方がずっとずっと易しいので大学より先に手をつけてくださいませ。

中出慶一作はタイトルを見ただけで作意が解るという解答者フレンドリーな作品。
でも、氏の長篇では代表作になるのではないかと思える仕上がりです。

添川公司作は若々しい作品。デビュー当時これくらいの手数の作品を連発していたなぁと懐かしく思いました。
実はこの作品は今村修さんの作品と並べたいと思いました。
そこで今村さんに投稿依頼しようとしたのですが、残念ながら連絡が取れず。
夢は実現しませんでした。

石川和彦同人入り記念作品展

同人入りおめでとうございます。

こつこつと38年間、駄作を積み重ねてのこの同人入りがある意味でパラ会員の励みになっていただければよいと思っている。

いい文章です。オイラも来年から同人目指して創作を再開しよう。
作品も気負いが全くない易しい作品。
解答送らなくては。

臨時中学校・大学一般補講

5月号なのに凄いですね。
「大学院の氾濫」を撰題して送ってあるのに、掲載されないわけだ。

大学院結果稿

安武さんの「天国旅行」の右上になぜかXが…。見落としました。
図面を移動してきたら手順のブロックが分断されるなんて夢にも思わなかった。オイラの失敗です。
パラ編集部は組版に何を使っているんだろう。
あまり構造的なソフトでないことは確か。どうも手作業が介在しているようだ。
そのことはある程度理解していたので、図面は柿木のファイルで入稿しているのだけれど、いつもしっかりチェックしています。
それなのに、今回のXは思考外の着手でした。参りました。

まぁ、誤植はともかく。
例によって紙面が足りなくて参考図を紹介できていない。
それだったら「詰上がり図」を省けばいいという意見もあるだろうが、曲詰の結果稿で詰上がり図がないのはありえないというのがオイラの持論。
煙詰は曲詰の一種なので詰上がり図は省略できんのです。

というわけで、突然ですが、ここに貼っておきます。

カテゴリー: 詰将棋 タグ: , , , , , , , パーマリンク

詰パラ5月号 への13件のフィードバック

  1. EOG のコメント:

    「曲詰の結果稿で詰上がり図がないのはありえない」とは至言です。解説よりもそちらの方が重要なのに。
    大学院や短大(短22を除く)は期末にも関わらず解き易かったですが、大学は解く気がしません。デパートの4番目も。

  2. HYO牛TAN党 のコメント:

    多分芹田さんが書いてるのはたま研のことだと思いますが、
    ダントツで若かったのが大学生だった馬屋原さん、だいぶ飛んで芹田さん、
    そこからまただいぶ飛んで金子さん、利波さん、小生…という状況でした。
    翌月創棋会の新年会に行ったらもっとダントツで若い中学生だった宮原さんにお会いしましたが、
    その上は誰だったんだろ?(少なくとも芹田さんよりは上だった筈)

  3. 解答欄魔 のコメント:

    同じ年代の人が数人いると行きやすいですよね。
    小生が詰朗会や詰研などの会合に行き出した頃は、饗宴メンバーが
    大勢来ていましたので、クラブ活動的な感じでしたから。

  4. 利波 のコメント:

    たま研が敷居が高いというのは錯覚のような?そもそも第1回は飲み会しかやってないし、、、。
    大学より、大学一般聴講の方が解答が多いかも、、、。

  5. HYO牛TAN党 のコメント:

    しかし、次回以降小生のような一般人はついていけるのか、戦々恐々です。

  6. 解答欄魔 のコメント:

    詰パラの解説を書いている人は、既に一般人じゃありません。
    この応酬もお約束ですが。

  7. 夢眠 のコメント:

    関東で「ある酔っぱらいのオッサン」で思い浮かぶのは、自分をのぞけば一人だけ。「世界的」というヒントを加味すればそれで正解だとは思いますが、しらふでも発言スタンスは変わらない方のような気が…。

    • 風みどり のコメント:

      酔っ払っていない時に会った事がないなぁ。
      あ、もしかしたら本当は酔っ払っていない時もあるのかもしれないですね。

  8. EOG のコメント:

    やはりHで始まる方ですよね。

    • 風みどり のコメント:

      世界的な酔っぱらいのおっさんと話がしたい方は是非秋に神戸に。
      オイラも夏休みに少しは勉強して、行くつもりです。
      ミーハー的な感覚で。

  9. 夢眠 のコメント:

    正式にはH.S、通称H.Tさんですね。ここまでくれば関西の方にもわかるかと…。ところでやはり、最近曲詰の詰上り図が掲載されないケースが多く、それはとても寂しいことかと思います。当然紙面の都合もあるのでしょう。幼稚園未満の解読と読むだけ会員である我が身のワガママかもしれませんが、詰上り図があると自分も創りたいと思う人が出てくるという効果?があるかもしれませんね。

  10. 夢眠 のコメント:

    夜分の連投すいません。「持つきり」は「も創りたい」の誤入力です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.