大学院2012年下半期のまとめ

図面はゲラから切り取ったものなので、不正確かもしれません。
というのは、さきほどupしてから馬屋原さんの作品に31飛が抜けているのに気付いて、あわてて差し替えた所なのです。
他にもあったら、教えてください。

出題院1207_01

出題院1208_01

出題院1209_01

出題院1210_01

出題院1211その2_01

出題院氾濫1200_01

出題やさ院その2_01

出題やさ院その2_02

だいたい結果稿で時間と体力使い果たして、撰題稿はほんの数分で書き殴るのだけれど、それにしてももうちょっとなんとかならないのかと思いますね。
恥ずかしいです。

4 thoughts on “大学院2012年下半期のまとめ

  1. 半期お疲れ様でした。
    こう見てしまうと、もっとずっとやっていただきたいな、と思ってしまいますが、大変さも想像がつく(想像以上?)ので、無理も言えませんね…

  2. たしかに昨年は時間的に大変でしたが、好きでやっていることですから、そいつぁかまわないんです。
    (実は在庫整理が滞りまくっており、作家の皆さんにはご迷惑をかけています。
    本当に申し訳ないです。2月号の校正が終わったら、今夜から頑張ります。)

    そもそもオイラは(長くやっている担当者を批判するつもりはありませんが)パラの担当はあまり長く続けるべきでないという意見なんです。人様はともかく、自分で長いこと居座るのは言ってることとやってることの整合性がつきません。

    それにまだ明らかにはできませんが、次期担当者については妙手を指せた自信がありますのでご期待を。

    1. 半期賞も大変そうですね。
      個人的には院3、4、8あたりかなぁ、と思います。完全に個人的好みですが。
      9や14も良いなぁ…

      1. 半期賞はもうオイラの好みで決めるしかないと開き直っています。
        評定も勿論参考にしますが、大学院は解答者数も少ないので1票でもCがつくと大きく平均点が変わってしまったりしますから。

        難解作や実戦型の投稿はオイラが降板するのを待って投稿した方がいいかもしれません。
        もうすぐですから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください