「迷宮の振子」結果発表 (中)

解題(つづき)

86桂を意識して64銀では勿論同飛成で2枚龍ができ、これは失敗らしいということはわかる。
まずは見えている宝物を回収するのが自然な流れ。

作意
44角、43玉、26角

もう1枚。

33玉、44角、43玉、17角

次に手をつけるのは当然左辺。
67飛に動き出されると手がつけられなくなるので…

33玉、44角、43玉、66角

66角として67飛をブロックするアイデアは発見しやすいだろう。

53玉、65桂、同龍、44角、43玉、55角

続いて64に効かし、序盤で置いた75銀の消去に成功する。

53玉、64銀、同龍、44角、43玉、66角

再び67飛をブロック。
いよいよ95角を活用する。

53玉、65桂、同龍、86角、64桂

歩合だと、入手した後、43香成から44歩という打換えの筋がある。

続いて、この桂を入手する。

44角、43玉、55角

53玉、64角左、同龍、44角、43玉

さて、いよいよ収束だ。

さて、ここまである意味、カンで進めてきてふと不思議に思ったことがないだろうか。

持駒が、増えていない。

右辺で桂馬2枚を入手して、その後左辺でいろいろ仕事したのに結局持駒は「桂馬2枚」で変わらず。

では、左辺での攻防の目的は「桂馬の入手」ではなかったということだ。

では、何の為の折衝だったのか。

その謎は残りの収束13手で明らかなる。

というわけで、やはりここでエントリーを切ります(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください