「迷宮の鱗舞スケルツォ」解答発表(前編)

お待たせしました。

大晦日に紹介した大橋健司さんの大作「迷宮の鱗舞スケルツォ」ですが、いくら待っても解答が届きません(T_T)
やはり賞品ださないとだめだったか~。

それともパラが2日には届いて、しかも新年号だというのに大学院などいきなり若島正だものなぁ。
そちらでお腹いっぱいになってしまったでしょうか。

はたまた、本作が難しかったか…。

rinbu00

右辺には銀とがいるものの飛車も守っており、心許ない初形。
香を打ったりしては全然駒がたりない。

初手は頭から銀で押さえる一手に見えるのだが…。

rinbu01

81玉と逃げられるともう困ってしまう。
91金が守っているではないか。

rinbu02

83香と攻めてみても
71玉、82香成、同金、同銀成で次図

rinbu03

全然、足りない。

しかし、実は2手目81玉には妙手が用意されている。

rinbu04

82銀成。

同金、同角成
と19角を捌いてしまう。

rinbu05

さらに93歩成。

もう方針はおわかりだろう。
そう、86馬を主軸に詰ましてしまうのだ。

rinbu06

同玉に84銀、同玉、
と銀も捌いて85香とすれば、あとは53に作れると金で押していける。

したがって初手83銀に2手目の正しい応手は

rinbu07

71玉なのだ。
72歩、61玉に香だけで上部におびき出すことができるのか。

rinbu08

64香が限定打。

rinbu09

51玉とあくまで下辺にへばりつけば、
62銀生として頭に歩を叩いて53歩成だ。
したがって

rinbu10

64香には52玉と上がらざるを得ない。

rinbu11

これで
63香成、同玉、74銀
と2枚馬の勢力圏に引きずり出すことに成功した。

rinbu12

この銀は取れない。
さてこれで序盤は抜け出した。
ここから楽しいメインディッシュが始まる。

未見の方は是非、後編のアップの前に挑戦を。

カテゴリー: 詰将棋 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.