私家版詰将棋解答選手権に挑戦(4)

今日は安武さんの出題に挑戦してみました。

以下ネタバレ注意です。

(1) 逃げられそうな初手がいい感じです。しばらく2手目の変化で45に成れるのに気づかず作意は7手のはずなのにおかしいなと悩みました。
(2) これは小林敏樹作を解いた経験があるのですんなり解決。46香の配置が確信を持たせてくれます。
(3) 誤解しました。最初14飛とか35銀とか一通り考えてこっちから攻めても駒足りないな。それじゃ,これかと初手を指したら今度は詰みすぎて。変だなぁと思ったまま先に進んでソノママに。どうも34角を56角成としてたようです。そりゃぁ詰みすぎるわ。
(4) 「Limit 7」に収録させていただきました。ありがとうございます。名作です。今回も,知っている作品なのに,もう一度しっかり考えさせてもらえるあたり,やはり名作でした。飛車の捌きがのびのびしていて好きです。
(5) 作意はすぐに見えました。あとからなんで24桂が必要なのか確認しました。(43金としていたので変化を詰ましそこねていた)
(6) 体調も悪かったせいで(もろ言い訳)初手34香は23玉で全然ダメと思い込んでいました。(角,持ってるじゃん!)かといって初手44角も全然手が続かず…。時間切れで降参です。解答見て岡田敏の7手詰を思い出しましたが,なるほどいい作品に仕上げるものと感心しました。35桂のタイミングも間違えやすい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください