私家版詰将棋解答選手権に挑戦(7)

今日もつみき書店は休業日なので、宿題になっていた私家版詰将棋解答選手権に挑戦する。
(家族からみたらいつもとやってることは同じ)

最初は泉さん。

以下ネタバレ注意!

(1) 利きを塞ぐ限定打。素直な造りが好感持てる。
(2) 作意はすぐ見えて、後から変化・意味づけを確認するタイプ。銀合かな。なるほど。
(3) これも7手? ああ、こっちの方が長いのか。
(4) 双玉!解答選手権っぽい。エー初手はどっちだ。飛合を避けてこっちが普通かな。そして(1)とおなじ意味づけの限定打。合駒は……移動合しかないぞ。うん。さっぱりした仕上げ。
(5) ここまではいつも快調なんだけど、ここからなんだよな。14桂は邪魔駒なのか単なる余詰防ぎか。……どっちにしろ手はこれしかないようだ。この桂は開き王手で33に行く感じかな。……詰まない。今日は酒飲んでないの失敗だったかな。んー、単純に進めてみるか。邪魔駒消して14銀。でも、銀は23に打ちたいんだよな。お、そっかそっか。この連続技いい感じ。
(6) あ、この広い感じ、苦手な感じ。初手は普通に桂しかないよね。あがったとき、金3枚いるし。で23玉。もう全然足りない感じ。34金は13玉でだめ。では33金だと……普通に取られてダメ。それじゃ45馬と引くのか?13玉は詰むけど32玉から41玉で逃亡される。昨日は時間かかったけど一応解けたのに今日はまた時間切れになるのか?いまからでもお酒用意しようか。(ここらへんで30分超すともう諦めムードが漂ってくる)も1回、初手から考え直してみよう……とぐるぐる。まてよ桂馬は54でなく34に跳ねたら?いやいや41玉でダメなんだった。あ、こっちから金を打てばいいのか。そしたら34跳ねられる。なるほど!

39分でした。やはり苦しんだ6番がいいですね。5番も序の4手以外は快感!
ありがとうございました。

さて残りは黒川さん。
でも泉さんの6番でかなり頭使ったから明日にしようかなぁ。
指し将棋の強豪だから、なんか難解という感じがする。
でも、元々は詰将棋出身だから大丈夫かな?

挑戦します。

(1) これ、銀重く打って詰みそうだけど……あれ37銀に15玉でダメじゃん。変だな。そもそも17角と捨ててもとられてダメじゃん。あれあれ?あ、こっちから銀打つのか。逃げて、7手になるけど。
(3) きたよ。もう馬が遠いし。龍がいるのに38銀とか配置されているから、素直に金を捨てたりしないんだろうな。…………全然詰まないし。普通に金捨ててみよう。逃げたら飛金合だから詰む。あれ?これ同玉なら馬引いて桂合のパターンだよ。これでいいの?いいのか。でも手数が?あ、これ前もやったやつだ。順番間違えた。
(2) 初手は25龍の一手だよな。35金に34龍で…あれ?龍の原形消去になっちゃった。この形で29龍が邪魔駒だったら凄すぎだよ。まさか3手目同馬?……なわけないよね。そっか36に利きがあるから金が動けるんだ。なるほど。でも手数が7手。手数は等差にはなってないんだな。
(4) あ、これ無理なやつだきっと。初手34角は同角でダメ。11飛は23玉で飛角桂の手駒……足りなそう。13桂がなければ14飛から押さえ込めそうだけど…24桂では23玉でこれやだ。後回し!本番みたいに盤駒2セット用意しとけば良かった。
(5) 形悪いけど、多分こちらの方が解きやすい。香合ができないぞ。飛車は質駒の感じだな。じっとみていたら13手の順が見えてきた。うん、これ作意っぽい。駒余るけど。では2手目中合が作意か。でも、これ強い駒がきたら55馬でも詰むよ。桂でも59桂でいい。香はないから、歩?だったら銀引いてこれが作意かな。13手。あれ、それじゃ(4)は11手か13手なんだ。戻るか。いや、この調子で(6)にいっちゃおう。
(6) 手が狭いから考えやすいはず。2手目の合駒選びね。飛角金銀桂香を順に考えていけばいいんだ。まずは2手目成っても詰むのは飛と金。銀は?23玉、34龍、12玉、23銀から詰みそうだ。残りは角桂香。大抵、角が正解なんだけどな。桂馬は23に逃げられたときが面倒そう。あれ?14龍で簡単だ。合駒がなんでも23の逃げはなかったのか。だったら桂香は解決。角なら予想通りにここを塞いで15手だ。
(4) 13手なら合駒はないのかな。11飛、23玉に22飛と追ってみよう。同玉は21飛成で簡単だから14玉は……これ詰むな。では34玉か。飛車成って桂打って角打って……詰むな。こんどは詰みすぎる。作意が見えない。4手目同玉なのか?21飛成から桂合の筋で詰むと思ったんだけど。あ、33玉と逃げるのか。角打って歩合に同龍、32玉で後続がないのか。……あれ?こっちに逃げたときは13桂残ってるよね。1手詰じゃん。おかしい。そうか、13玉と逃げて歩合なのか。打歩で逃れるから同龍で……13歩、11玉、44角。詰む。もしかして、これ、実はとっくに作意は踏んでいた感じ?

ということで33分でした。
終わってみれば綺麗な問題ばかりでした。
5、6番の難度が抑えられていたのが嬉しいです。
6番がお気に入りですね。

楽しませていただいてありがとうございました。

さて、残るは角さんのチャンピオン戦だけだけど(他にもありました? 見逃してる?)
チャンピオン戦の90分×2を家で一人やる気にはならないです。
打ち上げもないのに。

これは竹中さんとか黒川さん、芹田さん達にお任せですね。(松澤さんは多分もう解いてるという読み)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください