詰棋書紹介(17) 近代将棋図式精選

近代将棋図式精選 森田銀杏 西東書房 1983.2.10

本来は箱入りなのだが、我が家ではもう長いこと箱は見た記憶がない。

表紙のケンタウロス駒(黒川一郎画伯の絵か?)も背表紙の金文字もだんだん見えなくなってきた。

近代将棋は塚田賞を制定して詰将棋に力を入れてきた雑誌だ。

「塚田賞作品の魅力」という連載(7回目から森田正司が担当)を元につくられた本。
184局の受賞作品に、選に漏れた佳局を追加して、401局のボリューム満点の名作選だ。

箱に仕舞っておく暇があるわけがない。

ヤフオクでたまに4000~5000円で流れていることがあるが、その価格帯ならば迷わず購入することをお勧めする。

近藤孝 「土柱」 近代将棋 1974.12


第44期塚田賞長篇賞

一見すると平凡なと金の連取り趣向の作品に見えるが、よく見ると7回ある62飛合はすべて不利合駒

つまり角桂合は63龍があるし、金合は切って63金で簡単。
歩合は二歩でできないので、残るは飛車と香車。
これらはいずれも次に同龍ととられる揮発性の合駒
ならば攻方に渡すのは弱い駒である香を選ぶというのが常識だ。

その常識に反して飛車合が正解なので不利合駒とよばれる。

タネは打歩詰禁止ルール。

香合だと同龍、同玉、64香で詰む。
飛合だと同龍、同玉、64飛……に51玉なら詰むが63桂合という捨合がある。
同飛成、51玉で打歩詰だ。
香だったら同香成、51玉、52歩…で詰む。

収束への入り方や歩の消費方法など素直な造り。
だが73歩は角合も交えて消去するとか、途中に76飛生を入れるとか丁寧に創っている。

この近藤孝さんも作品集をみてみたい作家の一人だ。
四国名所シリーズの長篇作が有名だが、短篇も凄い良い。

なお、この本の元となった「塚田賞作品の魅力」およびその続編もネットで読むことが可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください