メルカリで怖かったこと

公立中学校で働いていた頃の話。

誰が始めたのかしらないがあちこちに迷惑な企画で「職場体験」というものがある。
生徒にアンケートをとったら「マンガ家」というのが何人かでた。
マンガ家の知り合いがいる教員は職員室の中に一人もいなかった。

仕方が無いので、ネットで調べて、住所が近い方に端からメールしてお願いした。
なんせ予算0だから謝礼も出せない。来てもらうにしても交通費も出せない。(学校あるある)
俺にそんなメールが来たらふざけるな顔洗って出直せと思うが、世の中には奇特な方がいるものでOKをもらえた。

ただ名前も作品も知らないお方だ。(自慢じゃ無いが「キングダム」の作者名も覚えていない)
もし、描いている作品が内容的に中学生にふさわしくないものだった場合、あとから各種方面からクレームがくる。
そこでその先生の著書を何冊かamazonで購入した。(予算0だから自腹です)

読んでみて、「ちょっと中学生向きではないかな」とは思ったのだが、背に腹はかえられぬ、お願いした。
そして当日、交通費も出ないのに学校まで来てくださって、新刊をお土産にくれたり、本当に良い方だった。
今後、なんかの間違いでオイラにその手のメールが届いても、ゴミ箱直行させないでおこうと心に誓った。

それから数年後、オイラはある事情で本棚をごっそり空ける必要に迫られていた。
そしてその先生の著書も「先生、お許しください」と涙を流しながらメルカリに出品した。

だって、対象年齢的には20代女性向きの作品で、オイラが持っていたら絶対におかしいというタイプのマンガなんです。
内容はちゃんと読んで、若いのに自分を対象化して作品にまで持って行くのは並大抵の力量じゃないなと感心したのですが……生きている世界が違いすぎる!

そして、注文が来た。その先生、ご本人から。

その本は他にも何冊も出品されている。
何故、選りに選ってオイラに注文が来るんだ?
メルカリでは偽名を使っているのに。(当時は「つみき書店」ではなかった。いまはつみき書店から全部調べられる)

メルカリでは注文する方もハンドル名だが、匿名配送を選んでいなかったので注文者の本名と住所が分かる。
当時の資料は廃棄してしまったが、どうもあの先生の本名だったような気がする。

でも、自分の本だったら売るほど持っているだろうし、なぜメルカリで購入する?
それでは、名前が似ている別人か。

いや、俺のゴーストが、この人はあの親切な先生だと囁く。

ゴーストに従い、コメントで注文者に訊いてみた。

「もしかして、著者ご本人ですよね。なぜ、ご自分の著書をご購入に?」

結果、本当にその注文者は先生ご本人だった。
そこで注文はキャンセルしてもらって、無料で差し上げますということにした。

結局、どういうことかというと自著が1冊もなくなってしまい、出版社も在庫なし(最近、あっという間にKindle版だ)で、紙の本も1冊は手元に残しておきたくてメルカリを探したんだそうだ。
たくさん出ていたけど、一番保存状態が良さそうなものを選んだらオイラの出品したものだった。

偶然。
しかしこれを

天網恢恢疎にして漏らさず

という。
悪いことはできないものだ。

ごめんなさい。
ご恩ある先生の本を私はメルカリで売ろうとしてしまいました。

先生は礼儀知らずのオイラを詰るどころか、こう言ってくれた。

「読み終わったらメルカリでも古本屋でもまわしてくれた方がうれしいです。
この本も、読み終わったらメルカリに出してください」

そして新刊を1冊いただいた。
この本は、まだメルカリには出していない。

(なぜかというと、まだ読み終わっていないから。繰り返しますが、内容が60過ぎのジジイが読むタイプのマンガではないんです。この頁の読者で20代で被虐待経験のある女性がいらっしゃったら差し上げます。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください