詰棋書紹介(23) この詰将棋がすごい!2012年度版


この本については前にも書いた。
でも、流れで紹介しなくては。前と言っても多分8年前だ。

例によって目次をあげるだけで充分だろう。

この詰将棋がすごい! 2012 目次
 まえがき 若島 正
第1部 2010-2011 年ベスト詰将棋
 中村雅哉が選んだ 2010-2011 年ベスト短篇20 局
 真島隆志が選んだ 2010-2011 年ベスト中篇12 局
 角 建逸が選んだ 2010-2011 年ベスト長篇12 局
 山田嘉則が選んだ 2010-2011 年ベストフェアリー10 局
 2010-2011 年度 詰将棋関係書全リスト
 書評(『月下推敲』『中田章道短編詰将棋代表作』『小さな絵』『四百人一局集』)
第2部 特集 上田吉一
 上田吉一が選んだ 私の好きな8局
 井上徹也が選んだ 『極光21』ベスト8局
 橋本 哲が選んだ 『極光II』ベスト8局
 上田吉一 ロング・インタビュー
第3部 特集 山本民雄全作品
 作品の部
 解説(小林敏樹+若島 正)
第4部 オールタイム・ベスト詰将棋
 「近代将棋」を振り返る(昭和篇) 高坂 研
 解答者登場! 私の好きな8局 今川健一
 自作解説 小川悦勇
第5部 研究論考その他
 妙手説は1990 年代に復活した 橋本孝治
 TTT on Twitter 
 『この詰将棋がすごい!』2010 年度版補遺
 フェアリー駒・ルール定義
 作家別作品索引

2010年度版にもまして読み応え充分、そしてページ数も倍増なのだが、特に第3部はなに?
これって反則じゃないかという内容だ。
橋本哲の「極光II」解説も貴重だ。

さて、1局紹介するのは、小川悦勇の新作!

小川悦勇 「47カラットのダイヤ」 この詰2012 2012.7.1

さて、この本も売切れ絶版であるが、ひとつ朗報を伝えておこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください