詰将棋雑談(14) 飛車の捌きといえば

詰将棋入門(46)で1枚の飛車を活用する作品を紹介したが、このモチーフの傑作は次の図だろう。

塩野入清一 詰棋めいと 1987.5

1枚の飛車で連続王手9回!堤浩二の8回の記録を更新している。
長篇趣向作ならばもっと凄い記録があるのかな?
ご存じの方がいたら教えてください。

1枚の駒を活用するテーマで思い出すのは鈴木利明だ。
次の作品は連続ではないがとにかく銀を活用する狙いの作品。

鈴木利明 詰パラ 1978.9

氏は他にも1枚の駒を活用するテーマで何作か作っていた記憶があるのだが、見つけられなかった。

銀の活用で思い出すのは4枚銀をきれいに揃えて動かす橋本孝治のデビュー作。衝撃でしたね。

是非本家 橋本孝治 普通詰将棋作品集 で鑑賞してください。(図面をクリックすれば跳べます。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください