詰将棋入門(61) 打歩打開と持駒変換と

平田好孝 詰パラ1954.11

あまり名前を聞かない作家だが作品を並べてみたら、もう少し長く続けていたらきっとビッグネームになったのではないかという印象を受けた。


36銀は26玉で打歩詰


ここで27歩の取歩駒は77龍に違いない。
とすると2枚の角と香を動かすことを考えれば良さそうだ。

初手に戻って
26歩、同玉、27歩、同玉、49角、


近い方の角から捌こうと考えると48角に37桂、同角、27玉ぐらいで失敗。
遠い方の角から捌く。

同香成、36銀、26玉、35角、


48角と捌こうとすると37桂合でも同成香でもうまくいかないようだ。

同歩、27歩、同龍、


さてこの飛車を取るかが次の課題。
すぐに27銀と取ると、同玉でも25玉でも失敗か。

35銀、25玉、26歩、同龍、


そこで、歩も補充しつつ26の場所で飛車を取る。
さらにもう1歩使って25で取ることができたら良さそうだが、その場合は25同銀とした際に同玉ではなく23玉と逃げられる。24銀と追っても12玉、13銀成、同桂で遁走されるわけだ。

さて次の手は36飛か27歩か23飛か。

同銀、同玉、23飛、25桂、


持駒が歩だけでは上部に追っていっても手がない。
歩以外の持駒を入手する必要があるのだ。

27歩、同玉、25飛成、26飛、


16龍があるから飛合になる。(金合は切って3手詰)
ここまで来れば25には桂合以外は簡単だと言うことが分かる。
さて次の課題はこの手順は繰り返せるが、何回繰り返すのが正解かということだ。

同龍、同玉、27歩、


正解は1回だけで終わりにする。(もう1回ぐらい繰り返した方が面白かったと思うのだが)

同玉、37飛、26玉、27歩、25玉、35飛、24玉、16桂、


歩を桂馬に換えておいた効果が表れた。

23玉、25飛、12玉、21飛成、


飛車を切り飛ばし、桂馬を入手。

同玉、32歩成、11玉、23桂、12玉、24桂、


あとはと金で再度ひっぱり出して幕となる。

23玉、33と、24玉、34と、25玉、35と まで51手詰

2つばかり27手目について検証しておく。

  • 27手目27歩に替えて23飛だとどうなるのか。

23飛、25桂、27歩、同玉、25飛成、26飛、同龍、同玉、
36飛、25玉、35飛、26玉、27歩、同玉、37飛、26玉、

桂馬は2枚になるが27に打ちたい歩が足りなくなる。
持駒の歩3枚は「桂歩2」、「桂2歩」、「桂3」のいずれにも変換が可能だが、1枚だけ桂馬に変換するのが正解と云うことだ。

  • 27手目は27歩が正解だが、実は36飛も成立する。

36飛、25玉、35飛、26玉、27歩、同玉、37飛、26玉、
27歩、25玉、35飛、24玉、16桂、
で35手目の図に合流することになる、つまりは4手の迂回手順ということだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください