いっこの積木(1) 

新連載企画第4弾。

先日,某氏と飲んでいて「自作集の解説を書いているが40まで書いて,そこで止まっている」と聞いた。
実際,100作の自作解説を書くというのはなかなかの難事業だと思う。
しかし,読者はそれを読みたい。

オイラは2つのアドバイスをした。

  • 作品ごとの文体の乱れや内容の濃淡は気にしないで一気に書き上げる。
    そしてそれをまるごとリライター雇って渡してしまう。
  • ブログを開設して期間を決めて1作ずつ書く。
    自分に締め切りを設定することと,読者の応援を期待しているという仕組み。

「ブログに出しちゃったら,それをまとめて本にしても売れないんじゃないかな」

なるほど,オイラはブログの連載記事をまとめて本にしてくれないかなと思うタイプだが,そうでない人もいるかもしれない。(その前に貴方は「詰将棋博物館」で全発表作公開してるじゃんと思ったけど,それは置いておいて……)

ならば,自分で実験してみようという企画だ。

  • 連載ローテーションに「いっこの積木」を組み込む。
  • 概ね3年後に自作集「いっこの積木」を出版する。

200作を考えている。
(∵オイラの作品は1作ではおなか一杯にならない。ある程度数がなければ。)
発表作を全部かき集めればそれくらいになるだろうという読みだが,足りなければこれから作る。

タイトルは以前から決めていた「いっこの積木」。
ココロは「1個の積木では遊べないけれど,200もあれば少しは遊んでもらえるんじゃないかな」。

それでは早速並べ始めよう。

第1章 5手詰

 

風みどり『いっこの積木』第1番 詰パラ1999.3

すっぽ抜け3部作の1つです。

  • 感想を貰えたら喜びます。
  • 作品集に収録させていただく可能性があります。
  • 正解は末尾にあります。

以前にこのページで自作集を公開していた時はテーマ別に集めていたが,急遽思いついた連載なので,今回は手数順・盤面駒数順・持駒数順・難易度順にする。

オイラの作品はマニアの方々にはレベル低すぎてつまらないでしょうけど,文句は言わないこと。

感想くれた方から抽選で完成品をプレゼントとか考えたけど,まだまだ先の話なんでやめておく。


追記(2020.8.26)

25歩(守)→26歩(攻)という案はアリですね。

書名は『200個の積木』にするかもしれません。
でもそれだと『200個の詰棋』の誤植だろと言われるかな。
どうせなら『詰将棋200個』にしろといわれそう。
ううむ……。情緒が…………。

「いっこの積木(1) 」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください