曲詰


曲詰もいくつかあったので,まとめてみた。
ただし,あまり冴えたものはない。
この分野でも1作ぐらいは気に入ったものを残したいけれど,…そういう分野が多すぎるのも困るなぁ。

10-1
詰将棋パラダイス 1981-2


本作は,この詰上がりがやりたかった。
手順がほとんど面白くならないので、難度を無視して初形を整えた。
いわば「逃げ」の作図。
しかし,素人さんにはこのようにわかりやすい作品がうける。

鶴田諸兄

☆何の形か定かではないが、左右対称形であり、曲詰の一種。手順としてはやや一本道に近いとは言え、詰め上がりも象形ということで、これが買われて63票の断然一位はお見事。
佐藤次衛—気が利いていて面白い。
J.レノン—小学校からの迷い子?
須山高彰—飛がヒモ付きだけに

10-2
将棋ジャーナル ??-??

中央の本格的な曲詰には手が届かなかったので、田舎で,「おっ,曲詰だったのか」という線を狙っていくつか作った。
原図は角の限定移動で「イ」の字の下の部分を作ろうと試みたもの。一応出来たが変長だったので没。本図はその残骸みたいなもの。すっと忘れていたが,T-Baseのおかげで思い出した。

10-3
未発表

10-1の姉妹になる予定だった作品。
気が向いたらもっと逆算しようと思っていたけど,きっとやらない。

10-4
読売新聞西部版??-??

握り詰のことわざで「困ったときの煙詰」というのがあるけど,新聞用詰将棋でも「困ったときのミニ曲詰」というのはどうだろう?
11手で駒取り2回は私ぐらいの心臓がないとできない大技。

10-5
詰将棋パラダイス 1980-1改

発表は7手。
しかし,本郷さんか星野さんがすでに同じ筋の傑作を発表済みということを知り,田舎に引っ越した。

発表図:
20071006222835.gif

鶴田諸兄

☆百六票という記録的な得票で首位となった本作、変わったペンネームだが作品は7手の曲詰で詰上がり「イ」。
手順に嫌味なく詰上がりもキレイで超短編曲詰としては上乗の作。
火梨甲介—序の3手が3手1組の好手。金のがぶり寄りもいい。
木脇克弘—56桂の味がいい。
首猛夫—小粒ながら好作。
小島茂—こんどは曲詰で迫る。今月はすごい。

10-6
未発表


だいたい詰将棋作家というものは,恋人の名前を曲詰で作ろうと
企画するものだ。
そしてその企画は失敗に終わるものだ。
考えてみたら自分の名前を組曲にしてプレゼントされて喜ぶ女性って
いるわけがない。
岡田敏さんにプレゼントされて喜んだ湯川恵子さんが私の知る限り唯一の女性だ。
あ,ヒロエ詰は喜ばれたのかなぁ。。。
看寿賞級だったらよろこばれるのだろうか?
いや,そんなことは,ない。

10-7
詰将棋パラダイス 1980-2改


発表は19手詰。

発表図:
20071006222118.gif

新田道雄

☆一寸形は悪いですが(詰上がり)合駒三度を含んだ曲詰です。
初手85飛、75歩の中合を同飛とすると、打歩形になりますが、飛を捌いた後、銀を捨て、馬を捌き、49龍を56点に引っ張り詰上がりとなります。
 不動駒が多いのと最終33馬のキズが気になりますが,まあこれは目をつむってやって下さい。解後感の良い作です。58歩の意味は判りません。(申し訳なし)
作者—曲詰の創作は全くやらなくなってしまい、せっかくのペンネームも浮いてしまいました。そのうちまた手掛けてみたいと思っています。
佐伯治雄—曲詰に二段合はお見事。単純に合をとるところがわずかに不満か。
宍戸聖造—詰上がり「チ」の字、難しくないけど楽しい作品。
玉津島明神—49龍であるから詰む(49生飛では詰まぬ)のがミソ。

ごめんなさい。58歩は立派な飾り駒でした。
直しましたのでどうかお許しください。

10-8
詰将棋パラダイス 1978-6改


発表は9手詰。
ただし,改作したわけではなく,この33手詰が原図。
おそらく,パラでこの詰上がりをはじめて見て,すぐに作り始めたのだと思う。
余詰を修正するたびに駒交換が増えていったのがみえみえの手順だ。
しかし,まぁ,不動駒1枚なので当時としては頑張ったかな。

発表図:20071006224124.gif

清水一男

★65歩を取られては入玉を許すことになる。だから、この歩を助けながら気前よく全財産を捨てます。
 気がつきましたか皆さん。詰上がりの行儀のよさ、洋行帰りのチロンさんの特別出品?
秋元竜司—あまりに一本道。
堀口国雄—本号にも鶴の巣篭もりが8題出ているが、いくらあってもいい。
角建逸—詰上がりを主張するにはちょっと手順が弱すぎる。
亀井久次—都の巣篭もり、手順の綾。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.