沖縄グラフ詰将棋

こんなページをみつけた。
沖縄グラフ詰将棋

沖縄といえば不成の上間優さんしか知らなかったが、こんなに大勢詰将棋作家がいるなんて。

しかも写真付きで楽しそう!

カテゴリー: 詰将棋 | コメントする

このブログの歴史

思い出話を書く。
このブログも、もうとっくにその使命は終わったなと感じているが、閉鎖しようというのではない。将来、詰棋書出版したときの窓口として細々とで残しておくつもりだ。ではなぜ、思い出話などを書くのか?それは…

だんだん忘れてしまっているから。

はじまり

これは覚えている。
生活費を稼ぐための仕事で「パソコン部」というのを受け持つことになったのだ。
教員というのは職場の異動が数年毎にある。
おいらは数学を教えているが、その職場に異動するということは、たいていの場合、そこにいた数学の教員がどこかに異動したということだ。
異動した教員が担当していた部活動は顧問がいなくなるので突然廃部ということになる。
それでは部員がかわいそうだということで、顧問をやれないかということになるのだ。
そのとき、おいらの代わりにいなくなった教員がパソコン部の顧問だったというわけだ。

で、引き受けた。

でも、中学生にパソコン部で何を教えるか?
考えた結果が、htmlを使ってweb頁を書くことと、NScripterを使ったゲームプログラミングだった。

マークアップ言語に触っておけばTeXなどにもすぐ慣れるだろうし、分岐とか反復を知っておけば将来どんな言語を勉強するにも役立つのではないかと考えた。

でも、教えるには自分が知らなくてはいけない。

そこでgeocitiesだったかな、無料のサービスを利用してweb頁を書いてみることにした。でもどんな内容のページにする?

そこは考えるまでもない、おいらには詰将棋しかないじゃないか。

そこで「風みどりの玉手箱」が生まれたのだ。

風みどりの玉手箱

このタイトルはおいらのペンネーム「風みどり」からきているのは言うまでもない(かな?)。
当時はネット上では本名をださず、ハンドルネームでやりとりするのが常識だった。
パソコン通信の時代はK-TAROとかタロサを使っていた。
「K-TARO」は息子の名前、それを「太郎さん」と呼ばれるようになって、やがて省略されて「タロサ」だったかな。
しかし、息子もだんだん大きくなってくるし、タロサは漫画の主人公(?)にもある名前らしく、同一ハンドルが大勢いる。
そこで詰将棋で使っていたペンネーム、風みどりとチロンヌップのどちらかにしようと考えた。

風みどりで検索すると北海道のペンションがヒットする。全然関係ないからこれでいこうと決めた。
ちなみに kazemidori.net がここで、 kazemidori.com がペンションです。
メアドもyahooもgmailもおいらがとっちゃったから、ペンションさんは悔しがっているかもしれない。

玉手箱は説明するまでもなく(?)詰将棋集のこと。
「王手」というけど、あの駒は正しくは「玉将」だから「玉手」が本当だと思うのだよね。
それがいっぱい入っている箱が玉手箱。
前に書いたけど、そのあとで八尋さんの作品集「詰将棋玉手箱」を知って困った。
でも、八尋さんはこの名称を使うことを快く了解してくれたのだ。

かくして「風みどりの玉手箱」という名前ができたのだが、いまは失敗だったと思っている。
当時は「個人のページ」を公開するという意識が強かったから、「風みどりの」なんて入れたわけだし、検索クローラ向けには、それ用のタグ(もう忘れてる)があるから、そこに’詰将棋’や’詰め将棋’と書いておけばよいと思っていた。

でも「風みどりの玉手箱」ではいったい何のサイトなのかわからない。
これは致命的だ。

タイトルに「詰将棋」をいれるのはマストだと、これからサイトを立ち上げる人には強調しておこう。

ずっと後になって、数学教育についてのブログ(スタートははてな日記)を始めたときは、この点を考慮してタイトルは慎重に決めた。

中学数学教材研究ノート++

最初の8文字で検索されることを意識して、ノート++で個人のサイトであることを暗示しているわけ。

ほとんど更新していなくても、1日平均100人くらいが訪問してくれているのはこのタイトルのおかげだと思う。
一番人気の「2次方程式の解の公式の証明」はそのまま打ち込むとgoogleでもyahooでもbingでもトップに表示される。

ううむ。このサイトもいまからでも名前変えようかなぁ。

長くなってしまったので、つづく!
(昼休みも終わるし)

カテゴリー: ぐだぐだ独り言 | タグ: | コメントする

「盤上のファンタジア」復刊

盤上のファンタジア

なんと2001年の発行だったのですね。
「新装版」へのあとがきを読むと、詰将棋解答選手権を立ち上げる前だったんだ。
よくみたら浅川浩氏への感謝の言葉も書かれている。ということは浅川書房ができる前、浦野先生の「n手詰ハンドブック」よりも古い本だったんだ。

なんだかすごく意外な感じがする。

その浅川氏がいない河出書房新社から復刊されたのは、藤井聡太効果なのだろうか?
上田吉一も復刊されないのかぁ。

とにかく若い人たちには朗報ですね!

カテゴリー: 詰将棋 | タグ: , | コメントする

杉の宿合宿から帰ってきました

帰宅しました。

今回はあわせて6名と例年と比べてちと寂しい人数でしたが、やはり、丸一日、(詰)将棋のことだけ考えて遊べるというのは楽しいですね。
(指)将棋も2年ぶりに指しました(^^)

やったこと

  • 将棋を指した。(57銀左とか…ゴキゲンとか…)
  • 数年前からだけど、快速アクティーが東京始発でなくなってしまい、座れなくて困る。
    今回は上野で待ち合わせをして、やっと横浜辺りで座れた。
    もちろんそれから缶ビールを開けて将棋指した。
    続きを読む

カテゴリー: ぐだぐだ独り言 | タグ: | 2件のコメント

りゅうおうのおしごと! 第5巻の詰将棋

「りゅうおうのおしごと!」は第1巻の冒頭からハチャメチャな師匠が大騒ぎするあたりで読むのをやめかけた。
主人公はかつての渡辺先生をさらに強力にしたような、すべて持っている青年だし。
が、師匠の娘の清滝桂香という子が可愛くて、ついつい5巻まで読み進めてしまった。
(読了したのはずいぶん前だけど)

今見直すと、帯に「このライトノベルがすごい2017」文庫部門で1位と書いてある。
第28回将棋ペンクラブ大賞でも優秀賞だとか。
知らなかった。
アニメにもなるらしい。
すごいな。

で、なんでここで取り上げたかというと、この第5巻の見出し(?)がどれもみなどこかで見たことあるような言葉なのだ。
列挙するよ。
浪漫飛行、オアシス、桃花源、歩の幻想、天月舞、驚愕の曠野、極光、スピニングドラゴン、たに、駒花火、月蝕、逡巡の恋、聖火、大迷路、いばらの森、ダイアモンド、ゴゴノソラ、娘帰る、寿、WALTZ、乱、イオニゼーション、クライミングドラゴン、特異点、最後の審判、アルカナ、涛龍、盤上のファンタジア、閃々散華、来たるべきもの、Brand New Way

おいらが解説書いた懐かしい作品から、かなり昔の作品、そしてついこないだ(?)の「来たるべきもの」までそろっている。
誰か詰将棋マニアに取材したに違いない。誰ですか?手を挙げてください。若島さん? 柳田さん? 水上さんではないな。

で、教えてほしいのは太字にした作品。なんとなくひっかかるのもあるんだけど、思い出せない。
「盤上のファンタジア」はもちろん書名としてはわかるけど、もしかして単品の作品名でもあるのかな。
「娘帰る」も「父帰る」のパロディ作なんだろうなと想像できますが…….

「ダイヤモンド」は詰上り図は想像できるけど、誰のどの作品なのか。

よろしくお願いします。

(追記)
第5巻で完結したものとばかり思っていたら、第6巻がすでに発売されている!
第7巻も来春発売予定とは…。



(追追記)

  • 「ダイヤモンド」鈴木康夫さんに教えていただきました。ありがとうございます。
  • 「歩の幻想」通りすがりさんに教えていただきました。ありがとうございます。
  • 「盤上のファンタジア」は書名、「娘帰る」は「父帰る」の変形と白鳥士郎さんに教えていただきました。ありがとうございます。
  • 「Brand New Way」kamuさんとIsoさんに教えていただきました。ありがとうございます。
    正しくは「Brandnew Way」だそうです。ググってみたらアニメのエンディング曲らしいですね。
  • 「駒花火」佐原さんに教えていただきました。ありがとうございます。
  • 「来るべきもの」は岡村さんと白鳥さんのtweetsを読んだところ、重版の際に訂正されるということのようなので「来たるべきもの」に修正しておきました。
  • 「クライミングドラゴン」は吉田さんに教えていただきました。ありがとうございます。
  • 「たに」は今の所「独楽のたに」の変形であると結論しておきます。
カテゴリー: 詰将棋 | タグ: , , | 14件のコメント