「4_ぐだぐだ独り言」カテゴリーアーカイブ

このブログの歴史(3)

開設当時の「風みどりの玉手箱(自作100題)」と「リンク集」を期間限定で復活させました。
この前のエントリー(歴史(2))を更新しましたので、昔を懐かしみたい方は行ってみてください。

コンテンツつづき

つづいて用意したのは、集客用の遊びとして「タイムトライアル」としてやりたかった名作紹介だ。
この名作紹介をどういう形でやるか考えた結果が「詰将棋いろはかるた」と「名局精解」だった。
「名局精解」は現在もそのまま残してある(続きを書く人いないですか)。
「いろはかるた」はまだまだ序盤の段階で滞ってしまった。
期間限定で復活 ⇒ 詰将棋いろはかるた

これもいつか完成させて纏めてみたいと思っているが、果たして…。

しかし詰将棋のコンテンツを増やすのはけっこう手間暇がかかる。

そこで、文章だけの「駄文」が作られた。
結局、この部分がブログになっていくわけだ。
期間限定で復活 ⇒ 駄文

そしてこの駄文を読んで思い出したのだが(^^;; 名作紹介より前に、懸賞出題を始めているようだ。
月に1作の新作を載せるというのは、辛く、そして楽しい作業だった。
掲示板で解答を書いてもらうというのが自慢のアイデアで、わからなかったら他の人の書き込みを開けてみるとヒントや場合によっては正解が得られるということがポイントだった。
結局、おいらの新作コーナーの予定が、創作支援コーナーみたいなことになってきたんだったっけ。

約年間にわたる苦闘の記録 ⇒ 新作コーナー

MT時代

それまでgeocitiesやinfowebといった無料貸出スペースを借りて運営していたが、有料スペースを借りて運営することにした。
安武さんだったかが使っていたFASという会社をおいらも使うことにした。

その頃はブログという形式が流行ってきた。
ブログとはweb-logの略で、要はweb頁の更新記録。
その部分が発展してきた形式だ。
それを流行させたのがMovableType。
調べてみるとCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)としてすごく便利だ。

ここで、手書きでhtmlを書いていた時代は終わった。
図面を作る以外の作業がすべてブラウザ上でできる。
なんて楽になったんだろう。
ftpはほとんど使わなくなってしまった。

しかし、このことが後悔を生むことになる。

ブログの特徴である、コメント機能とトラックバック機能。
これはコミュニケーションの促進に有効であとで読み返しても楽しめるいくつものエントリーを得ることができた。
ところが、これらの貴重なログを、サーバーを変更する際に破壊してしまったのだ。

手書きhtmlの場合は、自分のパソコンに頁をつくり、それをサーバーにミラーリングさせる。
だから自然にバックアップが自分のパソコン内に存在する。

MovableTypeのようなCMSはサーバー上にデータベースを作り、読者の要求に答えて毎回あらたにhtmlを生成する。

つまりは意識してバックアップを取らないといけないし、そのバックアップもそのままでは読めないのだ。

もうちょっとだけ続く!

このブログの歴史(2)

コンテンツ

当時はブログという言葉はなかった。
ホームページといったりしたが、当時はホームページとはブラウザが最初に開く頁のことだと教わった。
まぁ、とにかく、中身をつくらなくてはいけない。次の3本柱を考えた。

  • 自作集
  • リンク集
  • 掲示板

自作集

人のふんどしだけで相撲をとるわけにはいかないから、まず自作を100題ならべた。(と思う)

期間限定でお見せする。⇒ 旧・風みどりの玉手箱

ところで七郎さん、タイムトライアル用にいただいた馬鋸。
いま編集している「Limit7(仮題)」に収録してもよろしいでしょうか?

リンク集

これが集客のメインだった。
自作集はほとんど動きのない頁だから一度みたら終わりだ。

何度もお客を集めるのはリンク集だと思った。

そこで当時は数少なかった詰将棋関連のサイトを検索して、見所や更新状況を書いた。
全部、手作業だ。

というのは嘘で、excelで管理したものをawkでhtmlにしていた。
それでもほとんど手作業と言っていいのではないか。

これは当時、役に立ったのではないかと思う。

データが2つだけ残っていた。 ⇒ 2001年3月 2003年8月

その後、アンテナのサービスが生まれ、リンク集の使命は終わった。
現在はそれぞれがRSSリーダーを使っているだろう。

そして加藤さんの詰将棋メモがある。

掲示板

こだわったのは画像の貼れる掲示板。
交流の場として掲示板は必要だと思った。

この掲示板は楽しかった。

いくつか懐かしい文章を拾ってみよう。

HP を開設いたしました 安武利太[2007/11/12,00:04:21] 初めまして、安武利太と申します。このたび「詰将棋五十音図」という、あぶり出し曲詰専門のHPを開設いたしました。興味のある方はぜひ一度お越しいただければと思います。なお、勝手ながらリンクを貼らせていただきましたのでご了解ください。どうぞよろしくお願いいたします。

今も継続されいますね。詰工房報告楽しみにしています。

いい案ありませんか 名無し [2007/08/22,11:12:32] 駒不足ですが、この図ももう少し逆算したいです

馬鋸部分で馬詰さんの作品と同じ迂回順があります。収束は浦野さんの作品と同じになります。オリジナリティは全くありませんね

こんな大作も時には貼られました。

うはっ! 首猛夫 [2007/08/23,09:37:25] これって、既に記録を超えている・・・・。奔馬型は、馬詰さんとも話したことがある形ですが。実に効率よく手数を稼ぎます。もちろんわたくしには、とても力の及ばない世界ですが、すごいなあ。
こういった、条件作はあくまで条件(煙詰だとか長手数だとか)を狙ったところがあると思う。もちろん、詰将棋は芸術的な側面があるので、独創性や美しさを大事にしたい。しかし、いろいろな詰将棋を合体させて、それで条件が更新されれば、条件という点で、クリアーされている。それで存在価値があるというものではなかろうか。例えば、ミクロコスモスのほとんどをパクって、それでミクロコスモスを2手更新すれば、それが歴史に残る。もちろん原作者の独創性や努力に対しても敬意を払うべきだと思うが条件作とはそういった、背景が常にある。おそらく、わたくしとコンピュータとの検討によれば、本作には余詰がなさそうだが、そうすると、煙詰の長手数記録更新ということになりそれはそれで快挙ではなかろうか?それとも、既存のものを組み合わせるとだめ(新作として認められない?)なのかな?
わたくしは拍手したいが、どうなんでしょう?

首さんも当時はお元気でした。

91手詰 手しぼり感覚 [2007/07/07,22:08:45] 久しぶりに作品を投稿します。
ありふれた趣向で新作というのは厳しいと思いますが、宜しければ感想を聞かせてください。m(_ _)m

本名はどなただったのでしょうか。

無題 小林尚樹 [2006/02/11,14:30:18] これも手数だけは短大です。捨駒がほとんどありませんし妙手もありませんが、手の感触は結構気に入っています。形は・・・私にはこれ以上どうしようもありませんでした。
次こそ短いのを頑張ります。

現在では小林〇樹と言えばこの方、と話題の小林さんも登場していました。

当時は掲示板での図面貼り付けは、発表ではなく仲間内で未完成図を見せ合って意見を求めるといった感覚でした。
上の作品も、そのような取り扱いでお願いいたします。

過去のデータを眺めていたら、時間がいくらあっても足りやしない。
まだ続く!

このブログの歴史

思い出話を書く。
このブログも、もうとっくにその使命は終わったなと感じているが、閉鎖しようというのではない。将来、詰棋書出版したときの窓口として細々とで残しておくつもりだ。ではなぜ、思い出話などを書くのか?それは…

だんだん忘れてしまっているから。

はじまり

これは覚えている。
生活費を稼ぐための仕事で「パソコン部」というのを受け持つことになったのだ。
教員というのは職場の異動が数年毎にある。
おいらは数学を教えているが、その職場に異動するということは、たいていの場合、そこにいた数学の教員がどこかに異動したということだ。
異動した教員が担当していた部活動は顧問がいなくなるので突然廃部ということになる。
それでは部員がかわいそうだということで、顧問をやれないかということになるのだ。
そのとき、おいらの代わりにいなくなった教員がパソコン部の顧問だったというわけだ。

で、引き受けた。

でも、中学生にパソコン部で何を教えるか?
考えた結果が、htmlを使ってweb頁を書くことと、NScripterを使ったゲームプログラミングだった。

マークアップ言語に触っておけばTeXなどにもすぐ慣れるだろうし、分岐とか反復を知っておけば将来どんな言語を勉強するにも役立つのではないかと考えた。

でも、教えるには自分が知らなくてはいけない。

そこでgeocitiesだったかな、無料のサービスを利用してweb頁を書いてみることにした。でもどんな内容のページにする?

そこは考えるまでもない、おいらには詰将棋しかないじゃないか。

そこで「風みどりの玉手箱」が生まれたのだ。

風みどりの玉手箱

このタイトルはおいらのペンネーム「風みどり」からきているのは言うまでもない(かな?)。
当時はネット上では本名をださず、ハンドルネームでやりとりするのが常識だった。
パソコン通信の時代はK-TAROとかタロサを使っていた。
「K-TARO」は息子の名前、それを「太郎さん」と呼ばれるようになって、やがて省略されて「タロサ」だったかな。
しかし、息子もだんだん大きくなってくるし、タロサは漫画の主人公(?)にもある名前らしく、同一ハンドルが大勢いる。
そこで詰将棋で使っていたペンネーム、風みどりとチロンヌップのどちらかにしようと考えた。

風みどりで検索すると北海道のペンションがヒットする。全然関係ないからこれでいこうと決めた。
ちなみに kazemidori.net がここで、 kazemidori.com がペンションです。
メアドもyahooもgmailもおいらがとっちゃったから、ペンションさんは悔しがっているかもしれない。

玉手箱は説明するまでもなく(?)詰将棋集のこと。
「王手」というけど、あの駒は正しくは「玉将」だから「玉手」が本当だと思うのだよね。
それがいっぱい入っている箱が玉手箱。
前に書いたけど、そのあとで八尋さんの作品集「詰将棋玉手箱」を知って困った。
でも、八尋さんはこの名称を使うことを快く了解してくれたのだ。

かくして「風みどりの玉手箱」という名前ができたのだが、いまは失敗だったと思っている。
当時は「個人のページ」を公開するという意識が強かったから、「風みどりの」なんて入れたわけだし、検索クローラ向けには、それ用のタグ(もう忘れてる)があるから、そこに’詰将棋’や’詰め将棋’と書いておけばよいと思っていた。

でも「風みどりの玉手箱」ではいったい何のサイトなのかわからない。
これは致命的だ。

タイトルに「詰将棋」をいれるのはマストだと、これからサイトを立ち上げる人には強調しておこう。

ずっと後になって、数学教育についてのブログ(スタートははてな日記)を始めたときは、この点を考慮してタイトルは慎重に決めた。

中学数学教材研究ノート++

最初の8文字で検索されることを意識して、ノート++で個人のサイトであることを暗示しているわけ。

ほとんど更新していなくても、1日平均100人くらいが訪問してくれているのはこのタイトルのおかげだと思う。
一番人気の「2次方程式の解の公式の証明」はそのまま打ち込むとgoogleでもyahooでもbingでもトップに表示される。

ううむ。このサイトもいまからでも名前変えようかなぁ。

長くなってしまったので、つづく!
(昼休みも終わるし)

杉の宿合宿から帰ってきました

帰宅しました。

今回はあわせて6名と例年と比べてちと寂しい人数でしたが、やはり、丸一日、(詰)将棋のことだけ考えて遊べるというのは楽しいですね。
(指)将棋も2年ぶりに指しました(^^)

やったこと

  • 将棋を指した。(57銀左とか…ゴキゲンとか…)
  • 数年前からだけど、快速アクティーが東京始発でなくなってしまい、座れなくて困る。
    今回は上野で待ち合わせをして、やっと横浜辺りで座れた。
    もちろんそれから缶ビールを開けて将棋指した。
    続きを読む 杉の宿合宿から帰ってきました

ヒトのみる夢はなぜ非論理的なのか

おいらは次のように考えています。

  • 夢自体は画像や音やにおいなどの記憶をランダムに再現しているだけのもの。
  • 目を覚ました瞬間に、そのでたらめないくつかの記憶を強引に連続的につなぎ合わせて理解しようとする。
  • でも、無理があるからとてつもない流れになってしまう。

なにか参考図書を読んだわけではないので、全然見当違いかもしれませんが。

何がいいたのかというと、「人は物語を必要とする」ということです。

わからないということが不安なんですね。
そこで自分なりに理解して安心するために物語をほしがるわけです。

雷を神話で理解するのも、科学知識で理解するのも本質的にはさほど変わりません。

横道にそれました。話を戻しましょう。

詰将棋の初形が与えられたとき、それをコンピュータが解くときに「物語」は必要ありません。(たぶん今の所)
そこで導かれる作意手順はすべて絶対的な手順であり、他に変化の余地はありません。なぜなら、それが作意手順だからです。

人が詰将棋を解く場合、もしくは鑑賞する場合はそうではありません。

「配置から推理してこの角をここに捨てていく形じゃないかなぁ」
「でも、その為にはこの歩が邪魔だなぁ」
「あぁ、それでここで銀1枚使って、この歩を王さんに取らせておくわけか」
「なるほど、邪魔駒消去か、うまいなぁ」

この「邪魔駒消去」というのが、人が作った物語です。
すべての「~手筋」は作意から人が読み取る物語なのです。

作者が伝えたいのはこの「物語」なのです。
しかし作者の「物語」と解答者・鑑賞者の受け取る「物語」が一致するとは限りません。

優れた作品は素晴らしい「物語」をしっかり解答者・鑑賞者届けます。

全国大会構想つづき

先のエントリーのコメント欄にも書きましたが、参考にしたのは数教協の昔の大会。昨年参加したパズル懇話会のパズる会。そしてチェスプロブレム世界大会神戸です。
参考資料をクリップしておきます。

チェスプロブレム世界大会

8/1_1
風さんの温泉大会構想、実はチェス・プロブレムの世界大会の感じに近い。ただし、あちらは会期が1週間あるので、のんびり楽しめる。家族連れで来ている人も多いしね。1泊であれやこれやと盛り込むのはちとつらいか。

8/1_2
ちなみに、チェス・プロブレムの世界大会でだいたい毎年あるのは、(1)代表者会議 (2)委員会 がオフィシャルな部分で、あとは (3)解答競技(WCSC)、(4)創作競技(オフィシャル、ノン・オフィシャルなど各種…日本のSake Tourneyもここ)、(5)講演各種。

8/1_3
その他、(6)おまけの競技(今年はAnnan Chessの大会あり!)(7)Book Sale(みなが本を持ち寄って販売。それから全体のお楽しみとしては、(8)観光 (9) city reception (10) prize giving (11)最終日の晩餐会。

パズる会

パズる会2017・2日間の日程概要
 パズる会2017、2日間の日程概要です。

 開催場所: リフレフォーラム (〒136-0072 東京都江東区大島 7-37-11)
◇1日目 = 11月3日(金)
12:00  開場/受付開始
13:00~ 開会
       開会あいさつ(司会・実行委員・会長)
       参加者自己紹介(一人1分程度)
        パズルと自己のかかわり/興味のあるパズル・ジャンル/
        好きなパズル/自作パズルの紹介 等
14:00~ パズル解き大会(早解き大会実施)
     この時間内に、パズル解き大会・じっくり問題の配布と説明も行います
16:00~ ホテル・チェックイン/1時間のフリータイム
17:00~ フリーマーケット,ポスターセッション
18:30~ フリータイム/夕食
19:30~ オークション(パズル玩具やパズル資料等)
21:00~ パズルを持ち寄って遊ぼう、ミニ宴会など
22:00  初日イベント終了(会場close)
      この時間以降はいくつかの宿泊部屋でそれぞれの「お楽しみ」

◇2日目 = 11月4日(土)
07:00~ 朝食/じっくり問題の回答用紙提出
09:00~ トークイベント
12:00~ 昼食
13:00~ 参加者発表
14:00~ パズル解き大会成績発表・賞品授与(景品パズル選択)
14:45~ アンケート回収/ 閉会あいさつ
15:00  パズる会2017 終了/解散
 後日、より詳細な日程について別記事にてお知らせします。
 また、今後追加されるイベントがあるかも知れません。

数教協全国大会

風みどりの詰将棋全国大会構想

おいらが夢見る詰将棋全国大会の構想を発表します。

それは簡単に言えば温泉で一泊して24時間遊ぶ!というものです。

  • 「一人で出かけるの~」という家族も連れてくれば、我々が遊んでいる間、奥さんはのんびり温泉三昧
  • 夜中に店を探してうろつきまわったりしなくてすむ。寝るところがなくて放置されると言うこともない。はぐれない。
  • 十分な時間がある

どうです。どうせ、大会の夜は2次会3次会と進行することが明らかなんですから、泊まってしまった方が安全でしょう。
一つの店にはいることは不可能なので、いくつかのチームに分かれることになりますが、
あのチームは今どこの店だ?と悩むこともなくなります。

初心者のためには初日の午前中に入門講座を設けるのが、やはり手だと思います。

運営を楽にするためにも大会をモジュール化し、それぞれを各団体にまかせてしまうのが良いかと思います。

では、さらに具体的なタイムテーブルを描いてみましょう。
続きを読む 風みどりの詰将棋全国大会構想

全国大会は楽しいですね

今年は名古屋に2泊してきました。
前日の講演会に参加したためです。
ホテルを取ることができず、カプセルホテルに泊まったのですが、サウナもあるし、漫画もあるし、実に快適でした。
名古屋で働いている息子と久しぶりに会って吞んだうえに、「短篇名作選」を入手したので朝まで読んでしまいました。
おかげで翌日の本番は眠くてまいりました。

Facebookに石黒さんの総括があった。
その中の一部分を引用する。

石黒 誠一
7月20日 19:13
私は前日に名古屋で仕事が入ったこともあって参加しておりませんが、酒も飲まずに参加された方々は、よほどどのようなことがあっても全国大会に参加してくださるような方々だと推察されます。それが66人にも上ったことに、危機感を感じたのです。
現在の全国大会は、初めて来てくれた人に優しいイベント、また来てみたいと思うようなイベントになっているのでしょうか。看寿賞の解説は訳が分からないし、握り詰の解説も理解できないし、解答競争は全然解けないし。みたいな初参加の方をイメージしたときに、現状の全国大会はこれで良いのか、という疑問です。
https://www.facebook.com/seiichi.ishiguro.3/posts/1308487775916177

かつて柳田さんも全国大会を「詰将棋まつり」とするために初心者を呼び込む企画を考えていたと思います。

また、このようなことも書いておられます。

過去にも書いたように思いますが、全国大会自体をパッケージ化して、地元に負担がかからないようにするべきだと思っています。どうしても地元の方にお願いしないと仕方ないこと(会場を押さえるとかは、住所が必要だったりしますからね)はお願いするとして、全体のイベントとしては毎年の経験を積み重ねてパッケージを作ってしまった方が良いと思います。

で、私もちょっと考えてみることにします。

発表は次回!

あけましておめでとうございます

昨年は、1作も詰将棋を作れませんでした。
たま研に提出したのも過去作だったし、今年も12月31日まで考えてみましたが、たま研課題作も解答選手権への投稿策もできませんでした。

言い訳をさせてもらえば……仕事の忙しさがこたえています。
年々無駄に忙しくなり、体力も衰えてきており、相乗効果で生産性が上がりません。
また最近PCが思うように動いてくれなくなりました。
イライラがつのります。
DOSからWINDOWSになった時よりも、自分の対応力が弱くなった分、たちが悪い感じがする。

あと1年はやめるつもりはありませんが、その先はまじめに考えないとなぁ。
人生残りわずかだというのに。

今年の目標

  • 新作を4作!
  • 「Limit7(仮題)」を完成させる

自信ないので、慎ましく。

だらだらと

「Limit7(仮題)」の第一次篩いがやっと終わりました。
飯尾さん、メアド教えてください。

おおたよういちろうさんのブログで「幻の城」の解説者が作者に冷淡だと書かれていた。

……そうかなぁ。

「原稿料が安かったのだろうか」
ともある。

原稿料…ねぇ。

詰将棋用語辞典を書いていて、書いているうちに好き勝手なことを書きたくなってしまう。
WikiPediaじゃないんだからかまわないとも言えるが、そもそも詰将棋入門者むけの頁なのだから公正さも必要だ。

…筆が走ってしまった所は、良識ある方が修正してくれることを期待しよう。

だいたい自分が書いたこともすぐ忘れてしまう。
だから同じ事をまた書いたりする。

違うことを書いていることもあるかもしれない。

でも、用語の説明を書いていても、やはり「詰将棋は芸術だ」と思う。
理由は以前に書いた。
まだ記憶に残っているくらいに最近書いた。

でもちゃんと書いていない。

そのうち、もう一度、ちゃんと書こう。(きっと来年の夏休み)