「1_詰将棋」カテゴリーアーカイブ

詰棋書紹介(33) からくり箱

からくり箱 酒井克彦 角ブックス 2013.7.14
続きを読む 詰棋書紹介(33) からくり箱

詰将棋入門(52) 実戦形から馬鋸

谷向奇道 詰パラ 1955.2

いつもながらネタバレのタイトルどうにかならないかと思うが、上級者の方はタイトルを読まない技をなんとか研究していただくことにしています。
続きを読む 詰将棋入門(52) 実戦形から馬鋸

詰将棋雑談(13) 双玉図式

詰将棋入門(45)の古関三雄作をみて、若島正の看寿賞受賞作を思い出した方も多かろう。
といっても若い方も多いと思うので、思い出した作品3つを並べましょう。
続きを読む 詰将棋雑談(13) 双玉図式

詰棋書紹介(32) 一番星

一番星 波崎黒生・中野和夫詰将棋作品集 中野和夫 角ブックス 2015.7.19
続きを読む 詰棋書紹介(32) 一番星

詰将棋入門(51) 実戦形

田代達生 将棋評論 1948.5

田代達生は非常に長い間創作を続けた大先輩。
続きを読む 詰将棋入門(51) 実戦形

詰将棋のルール論争(7) 無駄合

1 詰将棋の範囲

この節は詰将棋の範囲–完全・不完全の話–とは微妙に異なるのですが、前節の2手変長1駒余りと密接な関係があると思うので、この位置に入れました。

1-4 無駄合

「無駄な合駒はしない」とよく表現されるルール。
しかし「無駄」というのは手の意味を判断に求めており、妙手の有無でなく手数で決定しようという方針と矛盾します。
そこで客観的に無駄合を定義できないかと何人もの勇者が挑戦しましたが、筆者が知る限りスッキリ明解な無駄合の定義は成功していません。
続きを読む 詰将棋のルール論争(7) 無駄合

詰将棋創作講座を読む(6) 内藤国雄「詰めと必至」

内藤国雄「詰めと必至」東京書店 1973.3.25
続きを読む 詰将棋創作講座を読む(6) 内藤国雄「詰めと必至」

詰棋書紹介(31) 現代詰将棋中編名作選


現代詰将棋中編名作選 中編名作選制作委員会
角ブックス 2018.7.15
続きを読む 詰棋書紹介(31) 現代詰将棋中編名作選

詰将棋入門(50) 二歩禁回避

村山隆治 五風十雨 第89番 近代将棋 1976.11

「詰将棋の考え方」や「詰将棋教室」などの著作がある作者。
このブログでは#創作講座を読むで何度も紹介している。
続きを読む 詰将棋入門(50) 二歩禁回避

二流作家のメンタルヘルス(8)

風みどり


続きを読む 二流作家のメンタルヘルス(8)