「上田吉一」タグアーカイブ

詰将棋雑談(39) 24桂を4回

昨年の11月にこのエントリーのタイトルだけが下書きとして残っていた。
大抵は詰将棋入門を書いたときに、あぁこの話もしたい、そうだそれは詰将棋雑談の方に回そう、と考えてメモを残す。
しかし、この頃に思い当たるエントリーは見当たらない。
もしかすると「四桂追戻詰」からの連想かなぁ。

というわけで唐突だが、攻方が「24桂」という着手を4回行なう作品を幾つか紹介します。
続きを読む 詰将棋雑談(39) 24桂を4回

4+

詰将棋雑談(38) 持駒変換

合駒を移用して持駒を変換させる作品で、数多くの作家に影響を与えたのは上田吉一の「積分」だろう。
続きを読む 詰将棋雑談(38) 持駒変換

8+

詰棋書紹介(66) 詳解詰将棋解答選手権 チャンピオン戦 2004-2019


詳解詰将棋解答選手権 チャンピオン戦 2004-2019 若島正 マイナビ出版 2020.2.29
続きを読む 詰棋書紹介(66) 詳解詰将棋解答選手権 チャンピオン戦 2004-2019

0

詰将棋雑談(27) 飛車の成らせ物

図巧#53を見て、上田吉一作を思い出した人、手を上げてください。
はい、やはり大勢いますね。
私もその一人です。

上田吉一 『極光21』第79番 詰パラ 1972.2


続きを読む 詰将棋雑談(27) 飛車の成らせ物

0

詰棋書紹介(46) 極光


上田吉一 『極光』 将棋天国社 1981 
続きを読む 詰棋書紹介(46) 極光

1+

詰将棋雑談(20) 桂馬のダイビング

詰将棋入門(60)で田辺国夫作を並べた。
当初は田辺作は好形から延々と盤上を追い回す作品を予定していたのだが、柿木で調べてみるとかなり大きな瑕疵があり断念。
それなら2作ある塚田賞受賞作もう一つの方を考えた。
これは大好きな作品だ。

田辺国夫 近代将棋 1956.7


続きを読む 詰将棋雑談(20) 桂馬のダイビング

0

詰棋書紹介(16) 極光21


極光21 上田吉一 河出書房新社 2001.12.30
続きを読む 詰棋書紹介(16) 極光21

0

二流作家のメンタルヘルス(5)

風みどり 風みどりの玉手箱

上の図は詰将棋ガイダンスを書くときに作図のテクニックとして正算式の説明用に作った図です。
詰将棋ガイダンスはただいまリニューアル中。古いものは倉庫にしまってあります。
続きを読む 二流作家のメンタルヘルス(5)

0

詰棋書紹介(7) 月下美人

創棋会作品集 月下美人 創棋会編 将棋天国社1994.4.25

創棋会の第5作品集。
グループ作品集がお買い得であることや、創棋会についてはもう書いたので、すぐに作者一覧にいこう。
続きを読む 詰棋書紹介(7) 月下美人

0

詰パラ9月号

もう9月も下旬だというのに、いまさらなのだけれど、このままでは1ヶ月もエントリーがないまま放置ということになってしまう。

さすがに画像はいらないだろう。

こすもす81

いのてつさんのリレー随筆で「こすもす81」のことが触れられていた。
おいらもリボンちゃんを描こうと、グラフィックソフトを買ったものだ。
この「こすもす81」、詰パラでも単行本にして頒布していたが、作者の丸電さんは自身のHPで公開もしていた。
まだ読んだ事がない方は、そこからダウンロードして読んでみたらいいでしょう…と書きかけて確認してみたら…あれれ。
丸電さんHPはどこかへ行ってしまっていますね。
これは困った。
「こすもす81」どうしても読んでみたいという方は私にメールください。

大学院

岡村さんと添川さんの競演。
となれば内容も保証済み。
解くのはやや難しめ。

記録に挑戦

おお、なんだか大学院の解説の補足をしてくれているような特集。
ありがたや。
岡村さんも吉田さんも作品をお預かりしている。
来年の前期には撰題できる予定。

デパート

あっ、全国大会で貰っていた上田さんの作品が載っている。
羨ましかったなぁ。>岡村さん
また作品ください。>上田さん

0