「佐藤千明」タグアーカイブ

詰将棋雑談(31) 推敲したら同一図

初心者向けにいい手が入っていてかつ難しすぎない簡潔な図を作ろうとすると「同一図」という陥穽に嵌りやすい。
そこで作図家は手数を長くしたり,妙に難しい手を入れようとしたりと捻じれていってしまいがちになる。

しかし,推敲していった結果,同一図に至ったとするのならば,その図はある意味究極の仕上がりということではないだろうか。

昔,金頭桂の手筋–桂馬を捨てることで金の守備力を奪うあの基本手筋だ–を簡潔に作ろうとして次の図を得た。

手順は書くまでもないが
12銀、同飛、22銀、同飛、23桂、同飛、12金まで
の7手詰だ。

これは一応完成している。
これ以上駒数は削減できない。
が,眺めていると推敲案が浮かんでくる。
続きを読む 詰将棋雑談(31) 推敲したら同一図

+2

詰将棋雑談(3) 佐藤・伊藤・高柳

詰将棋入門#29で取り上げた佐藤千明作。
14角の配置の意味は何でしょう。

佐藤千明 将棋月報 1942.2


続きを読む 詰将棋雑談(3) 佐藤・伊藤・高柳

0

詰将棋入門(29) 合駒入門

佐藤千明 将棋月報 1942.2

詰将棋を解き始めたが、合駒がはいったヤツは苦手だなぁという方には、この作品がお薦めだ。

続きを読む 詰将棋入門(29) 合駒入門

0