「創作講座を読む」タグアーカイブ

詰将棋創作講座を読む(6) 内藤国雄「詰めと必至」

内藤国雄「詰めと必至」東京書店 1973.3.25

2000年9月に同出版社から新装版が出ている。
同じ記事が他の書籍で再利用されている可能性もあるが、もしあったら教えてくださるとありがたいです。

この本は前半は必至、後半は詰将棋で構成されているが、詰将棋の部の冒頭に詰将棋の創作法の記事がある。


まず適当に駒を配置するところから始める。

【A図】
23桂、同金、12金まで。

これをちょっと変えて、

【B図】
23桂、同金、12金まで。

さらに金を飛に変えると、持駒に角金桂が必要になる。

【C図】
23桂、同飛、33角、同飛、21金まで。

この図は21金、同飛、33角、22飛、23桂でも詰んでしまう。
この余詰を消しても、まだまだ新題とはいえない。

【D図】
23桂、同飛、33角、

この角をどっちで取っても金打ちで詰むのはちょっと面白い。
これで行こうと決める。
次は主題のカモフラージュと紛れを作る工夫。

【E図】
23桂、同飛、33角、同飛、31(22)金まで。

やや詰将棋らしくなってきたが、手順も短すぎるし、どちらの飛で取っても同手数というのが気に入らない。
もうひとひねり。

【F図】
32銀、同銀、53桂、同飛、63角成、同飛寄、51金、31玉、22歩成まで9手詰。

初手より53桂、同飛、32銀は同飛、63角成、52飛寄で逃れという紛れもあり、軽い短篇作として標準のものが完成した。


【D図】から【E図】が詳しく説明されていないが、おそらく次のような所だろうか。

  • 13歩、31との配置が硬くて発展が期待できない。
  • 21と12に利きを作りたいのだから03に角を置けば良い。
  • 左に1路動かして11香、13馬としよう。
  • 43歩は33角を限定するためにしか働いていない駒。置きたくない。
  • それなら角の打ち捨てではなく捌き捨てに変更すればまた別の発展もあるだろう。
  • 34角の配置にする。

内藤国雄篇、まだ続きます。

詰将棋創作講座を読む(5) 北村研一「将棋九十九谷集」

実は「将棋九十九谷集」は持っていない。随分昔に妻木先輩に貸して頂いたことがあるだけだ。
今、手元にあるのは「詰将棋–初歩より初段まで」と「詰将棋の指し方」である。
この3冊は内容は同じであると聞いているので、一番古い書名をタイトルに掲げておいた次第だ。

もちろん北村研一の作品が主体だが、間に5頁ほど「詰将棋の作り方」というテキストが入っているので、内容を紹介しよう。
続きを読む 詰将棋創作講座を読む(5) 北村研一「将棋九十九谷集」

詰将棋創作講座を読む(4) 村山隆治「詰将棋教室」(承前)

問題のモンタージュ法について別項に例図つきで解説が書いてあるので紹介する。
今回も筆者の要約。
続きを読む 詰将棋創作講座を読む(4) 村山隆治「詰将棋教室」(承前)

詰将棋創作講座を読む(3) 村山隆治「詰将棋教室」

同じ村山隆治先生の「詰将棋教室」を取り上げる。
「詰将棋の考え方」が1950年。
「詰将棋教室」は1966年。金園社。
この本には私もお世話になった。
私が持っているのは1978年の22版。
続きを読む 詰将棋創作講座を読む(3) 村山隆治「詰将棋教室」

詰将棋創作講座を読む(2) 村山隆治「詰将棋の考え方」(承前)

いよいよ具体的な作図法の解説に入る。
引用すると長くなるので、図面だけ利用させてもらって説明は要約する。

実戦形作図法

実戦をヒントにイ図という素材を得たとする。

【イ図】 続きを読む 詰将棋創作講座を読む(2) 村山隆治「詰将棋の考え方」(承前)

詰将棋創作講座を読む(1) 村山隆治「詰将棋の考え方」

筆者が持っている村山隆治の本の中で最も古いのが「詰将棋の考え方」大阪屋号書店1950.6.1。
この本に詰将棋の作り方という節がある。
続きを読む 詰将棋創作講座を読む(1) 村山隆治「詰将棋の考え方」