「詰将棋入門」タグアーカイブ

詰将棋入門(60) 跳び込む桂馬

田辺国夫 新・王将 1954.9


11手詰。塚田賞受賞作である。
続きを読む 詰将棋入門(60) 跳び込む桂馬

詰将棋入門(59) 飛先桂打

桑原辰雄  詰パラ 1956.11

続きを読む 詰将棋入門(59) 飛先桂打

詰将棋入門(58) 飛車をもたない裸玉

詰鬼人 近代将棋 1953.7


伊藤看寿岡田秋葭も持駒に飛車があった。
これは代わりに角がある。
続きを読む 詰将棋入門(58) 飛車をもたない裸玉

詰将棋入門(57) 中間遠打ミニ

鍛冶之孝 王将 1954.6

大駒をのびのびと使った気持ちの良い短編を10数作発表されたようだ。
どなたかの筆名か?
続きを読む 詰将棋入門(57) 中間遠打ミニ

詰将棋入門(56) 森田手筋+

河辺昭光 詰パラ1963.3


1959.9の森田正司の森田手筋に刺激を受けて創作されたものだろう。
13手詰。
続きを読む 詰将棋入門(56) 森田手筋+

詰将棋入門(55) 実戦型

脇田博史 詰パラ1951.9


続きを読む 詰将棋入門(55) 実戦型

詰将棋入門(54) 銀鋸

村木德 「木遣唄」孫六集 第38番 詰パラ1953.1

手数は長いが明解な手順なので是非挑戦を。
続きを読む 詰将棋入門(54) 銀鋸

詰将棋入門(53) 箱庭型無仕掛

谷向奇龍 あさぎり 第68番 詰パラ 1956.1

作者曰く

今までの無仕掛図式は、玉将の逃げ道を塞ぐ玉方の駒が配置され、無仕掛とは名のみ、2,3手で簡単に手掛かりが出来,……中略……手掛かりのつきやすい飛車はなし、桂馬を打っても取られてしまう、と云う変な作品を作り上げました。

「あさぎり」解説より

続きを読む 詰将棋入門(53) 箱庭型無仕掛

詰将棋入門(52) 実戦形から馬鋸

谷向奇道 詰パラ 1955.2

いつもながらネタバレのタイトルどうにかならないかと思うが、上級者の方はタイトルを読まない技をなんとか研究していただくことにしています。
続きを読む 詰将棋入門(52) 実戦形から馬鋸

詰将棋入門(51) 実戦形

田代達生 将棋評論 1948.5

田代達生は非常に長い間創作を続けた大先輩。
続きを読む 詰将棋入門(51) 実戦形