「詰将棋雑談」タグアーカイブ

詰将棋雑談(67) 離れていく馬

詰将棋入門(169)の無双26番を7手詰にしたのがいっこの積木(45)だ。

風みどり 日めくり詰め将棋カレンダー2010.8.7

自作の宣伝はともかく、この玉と馬が離れていくというアイデアを後生の作家たちはどのように実現したか。
続きを読む 詰将棋雑談(67) 離れていく馬

詰将棋雑談(65) 飛車不成

詰将棋入門(164)で1枚の飛車が7回も不成で王手をする作品を紹介した。
勿論、当時はそもそも不成作品自体に希少価値があった時代であり、7回というのは途方もない記録であった。
しかし、現代ではこの分野も開発が進んでいる。
続きを読む 詰将棋雑談(65) 飛車不成

詰将棋雑談(64) 無仕掛長篇

詰将棋入門(163)で三代伊藤宗看の無仕掛長篇作品を紹介した。
無論、当時は無仕掛図式で61手も掛かる作品は雲に頭を突っ込んでいるような巨塔だったが、現代ではこの条件でさらに長手数な作品も存在する。

その中から本日は3局を並べてみよう。

続きを読む 詰将棋雑談(64) 無仕掛長篇