「長編詰将棋」タグアーカイブ

長編詰将棋の世界(27) 角合に罠あり

2010.1から3年半続けた詰パラ大学院での解説の再録です。

選題の言葉(2011.1)

 あけましておめでとうございます。
 今年もたのしく遊びましょう。
 年頭なので撰題基準を申し上げます。私が「面白い」と思った作品を採用いたします。あまり難しすぎるのは苦手です。でもやはり考える所も欲しい。新人の方は類作を恐れずにどしどし投稿お願いします。
 昨年は(10月までで)Aを343票、Bを68票、Cを4票頂きました。平均点で2.84です。この高得点はもちろん作家の皆様の努力の賜です。拍手を!一方で私の「面白い」感覚が独善ではなかったものと喜んでいます。今年も作家の皆様、解答者の皆様のご支援をよろしくお願いいたします。
 今月も楽しい作品が揃っています。たくさんの解答をお待ちしています。

堀切良太 詰パラ2011.1

棋譜ファイル

続きを読む 長編詰将棋の世界(27) 角合に罠あり

長編詰将棋の世界(24) やけくそ中合と馬鋸

2010.1から3年半続けた詰パラ大学院での解説の再録です。

選題の言葉(2010.12)

 一年て実に早いものですね。忙しい師走はやさ院で和んでください。
 前回のやさ院は300手近い大作を出題してしまったが、今回は正真正銘の「やさしい」大学院。多数の解答を待っています。非手数順です。ご不審なきよう。
 広瀬作はまさにコロンブスの卵。桂合がないことは初形を見れば明らかですね。
 中出作は前半はちと考えさせられますが、後半は爽快なドライブが楽しめます。
 佐藤作は歩図式で手数も一番短いが、合駒の綾もあり、ちと手応えあり。しかし作意は明確なので慣れた人には簡単なはず。
続きを読む 長編詰将棋の世界(24) やけくそ中合と馬鋸

長編詰将棋の世界(22) 飛と飛と金の舞

2010.1から3年半続けた詰パラ大学院での解説の再録です。

選題の言葉(2010.11)

 あの猛暑は一体何処へ。いつの間にか季節は秋。秋は収穫の季節である。夏休みに創った新しい趣向作、そろそろ推敲も終わってくるはずだ。かつて手がけたが未完成のまま放置してあった野心作も熟してきた頃。仕上げをして世に問うのもこの秋の夜長が最適だ。ああ、きっと今月末にはそんな作品が大量に投稿されてくるに違いない。
 高木作は27年も前の発想だという。じっくり熟成させた風雅な香りを是非味わってください。
 担当を引き受けることになり、すぐに添川さんに手紙を書いた。
「作品ください」
返事が来た。
「投稿します」
 かくして本年は添川作品を柱とした撰題となった。感謝しています。また来年分もよろしくお願いします。

高木秀夫「舞」 詰パラ2010.11

棋譜ファイル
続きを読む 長編詰将棋の世界(22) 飛と飛と金の舞

長編詰将棋の世界(20) 単なる煙詰 

2010.1から3年半続けた詰パラ大学院での解説の再録です。

選題の言葉 (2010.10)

谷川浩司 単なる煙詰では今は評価されませんからね。
 慥かに資本主義社会において物を売ろうとするならば、色々な肩書きがあった方が有利だ。三ツ星レストランに観光客は殺到する。
 双玉煙、周辺巡煙、無防備煙、七種合煙と煙詰の肩書きも増える一方だ。。「全駒市松七種合煙の1号局で最長手数さらに看寿賞受賞作です」といわれれば、どんな素人でも凄いと判る。
 では単なる煙詰は本当に評価されないのだろうか。
 心配無用だろう。パラ読者は観光客でも素人でもない。肩書きの有無でなく、自らの感覚で良い物は良いと判断する気概を持っている筈だ。

安武翔太「落葉」 詰パラ2010.10

棋譜ファイル
続きを読む 長編詰将棋の世界(20) 単なる煙詰 

長編詰将棋の世界(18) 双玉鶯図式の都煙

2010.1から3年半続けた詰パラ大学院での解説の再録です。

選題の言葉 (2010.09)

 話題の新刊「この詰将棋がすごい!2010」の中で伊藤正さんが次のように語っている。
 「煙詰創作というハードルがけっこう手頃なんですよね。ちょっと努力すればできる、という高さ。100メートル走で言えば15秒の壁、というくらいかな。10秒で走るのはむずかしいけど、15秒なら、という」
 伊藤さんの「ちょっと努力」がどのくらいの質量なのか想像しがたいが、「天女」「月蝕」の作者が言うことなのだから間違いあるまい。
 この刺激的な文章を読んだ若者達よ、15秒を目指して走り出して欲しい。伊藤さんは10秒の作品を投稿プリーズ!

岡村孝雄「月下美人は二度咲く」 詰パラ2010.9

棋譜ファイル
続きを読む 長編詰将棋の世界(18) 双玉鶯図式の都煙