「関係ない話」タグアーカイブ

風みどりの詰将棋と関係ない話(29) エロスの謎

エロスの謎

 写真は東京の方はご存じだろう。銀座にいるキューピットだ。

 キューピットはその矢に「想い」を乗せて神や人の胸を射ることができる。この能力は有名だ。
それでは愛と美の女神ヴィーナスの息子だということはご存じだろうか。 続きを読む 風みどりの詰将棋と関係ない話(29) エロスの謎

風みどりの詰将棋と関係ない話(28) パンドラの甕

パンドラの甕

その人間であるエピメテウスにプリメテウスの罪のとばっちり(?)で与えられた罰がパンドラだ。

ここで早くも混乱する。
罰として女性が与えられるとはどういうことか?
普通は報償として与えられるというところだ。
続きを読む 風みどりの詰将棋と関係ない話(28) パンドラの甕

風みどりの詰将棋と関係ない話(27) エピメテウスは神か人か

日本神話でも孫なのかひ孫なのかよくわからかったりすることがあるが、ギリシャ神話でも系図などが載っていても、どうにも理解しがたいことが良くある。
まぁ、神話だからね。
さまざまな部族の信仰が習合していく過程でいろいろ矛盾点も出てくるのは仕方がない。

実在の人物(?)であっても、授業ではピタゴラスとアルキメデスを一緒に教えたりする。
ピタゴラスは紀元前582年生まれ。アルキメデスは紀元前287年。300年も違う。
松尾芭蕉と吉本ばななを一緒に教えるようなものだね。

プロメテウスとエピメテウス

プロメテウスとエピメテウスはオイラが昔読んだ記憶だと兄弟なのだが、兄のプロメテウスは神で弟のエピメテウスは人間ということだった。
兄弟なのになぜ???
続きを読む 風みどりの詰将棋と関係ない話(27) エピメテウスは神か人か

風みどりの詰将棋と関係ない話(26) プロクルステスの寝台

 小学生の頃はルパンやシャーロック・ホームズから始まって、江戸川乱歩、そして鮎川哲也に辿り着いた。中学生になって星新一から小松左京、そして筒井康隆。最後に夢枕獏という流れに入った。ところが、それと並行してギリシャ神話についても色々と読んだ。それは何故かと考えると、おそらく子どもの頃の『サイボーグ009』が切掛なのかもしれない。



続きを読む 風みどりの詰将棋と関係ない話(26) プロクルステスの寝台

風みどりの詰将棋と関係ない話(25) 荷造運賃について

柳田さんがやっている全詰連書籍部の頁には1冊毎に厚さと重量が示されている。
これは送料を最小値にするための良心的なデータだ。
ただ本当はさらに書籍のサイズも必要だ。

皆さんの中にはネット本屋をやってみたいという方もいらっしゃるだろうから、参考のために本を送る方法について説明する。
続きを読む 風みどりの詰将棋と関係ない話(25) 荷造運賃について

風みどりの詰将棋と関係ない話(24) 本棚点検:画集

 もうだいぶ前から書庫が機能を果たさなくなり、仕事部屋にも消臭作業中の古書が積まれるようになって、我が家の検索機能はすでにほどんど停止状態。
 煩悩を断ちきって本棚を整理し、処分するものは処分していかなければ、もう新しい本を出すこともできない。
 本棚にあるのは、大半は「読みたいな・読まなくてはだな」と購入した本。ほんの少し、読み終わったら愛着が湧いてしまって捨てられなくなった本。今まで読まなかった本はこれからも読まない可能性が高い。(定年退職したら読もうと思っていた)
 図書館で借りた本の方が、返却期限があるから真面目に読むんだよな。で、今日はまず大きくて場所をとる画集関係からズバッといく気持ちで満々だ。
続きを読む 風みどりの詰将棋と関係ない話(24) 本棚点検:画集

風みどりの詰将棋と関係ない話(23) 若い教員に贈る本

 以前は同じ本を誤って購入するということがたびたびあったが、最近のamazonは次のような表示をしてくれる。

 

 ただしこの表示には疑問を覚えた。2018年…しかも10月?
 変だな。

 なんという本を検索したときに出てきた表示かというと 続きを読む 風みどりの詰将棋と関係ない話(23) 若い教員に贈る本

風みどりの詰将棋と関係ない話(21) こんな所に美代子が!

たまには数学の問題を考えて、頭をリラックスさせましょう。
もちろん私が出題するのですから、数学といっても義務教育レベルの問題です。

今日は美代子であることを証明してもらいます。

ここでいう美代子とは
のことではありません。

最小のピタゴラス三角形。3辺の長さの比が\(3:4:5\)である直角三角形のことです。

続きを読む 風みどりの詰将棋と関係ない話(21) こんな所に美代子が!

風みどりの詰将棋と関係ない話(20) また幽霊の話

戸越公園に住んでいたときの話。

毎日、車で通勤していた。
今は東京都では自家用車で通勤することは許されていない。
なんでも校舎内に駐車することがいけないのだそうだ。
それで学校の近くに駐車場を借りて車通勤する人もいた。
そのうちそれも禁止された。
万が一事故を起こしたときに信用失墜行為になるからと説明された。
車は生徒指導にも具合が悪くなった生徒を病院に運ぶにもいろいろと有効活用されていたのだが。
ともかくその当時は車で通勤が許されていたのだ。

途中、目黒川のところで往路は右折する。帰路では左折だ。
そこにいつも中年の男の幽霊が立っていた。

続きを読む 風みどりの詰将棋と関係ない話(20) また幽霊の話