「2_つみき書店」カテゴリーアーカイブ

作品集制作のススメ(4) 図面作成の方法

 今回amazon-kindleのオンデマンド出版サービスを利用してみた。結論から言って、このサービスを利用すれば作品集を出版するハードルは、また一段と下がったといえる。このサービスの報告だけしようと思ったが、この際ある程度まとめて「作品集制作のススメ」を書いておくことにする。

 前回までに、amazon-kindleのオンデマンド出版で「著者用コピー」を利用することで208頁ある『詰将棋つくってみた2021』が1冊当たり682円で必要部数だけ作れるということを書いた。

 次の問題は、どうやって版下を作るかということだろう。詰将棋の図面はあっち向きとこっち向きの駒があるので小説や随筆、自分史の本を出版するよりちとハードルが高い。
 
続きを読む 作品集制作のススメ(4) 図面作成の方法

[業務連絡] その他の古書/古本を店頭に並べました他

つみき書店@STORESの古書(その他)カテゴリーにオイラの蔵書から30冊程度並べました。よかったら買っていってください。

ちなみに[古書]は現在絶版のもの。[古本]は新刊を購入可能なものです。
ただ間違えている場合もありますので、ただの目安と思ってください。
続きを読む [業務連絡] その他の古書/古本を店頭に並べました他

作品集制作のススメ(3) amazon-kindle ダイレクト出版のつづき

 今回amazon-kindleのオンデマンド出版サービスを利用してみた。結論から言って、このサービスを利用すれば作品集を出版するハードルは、また一段と下がったといえる。このサービスの報告だけしようと思ったが、この際ある程度まとめて「作品集制作のススメ」を書いておくことにする。

 amazon-kindleのオンデマンド出版で本を造ればamazonで販売できる。しかし、前回公開したようにamazonの定価の40%を持って行くので、定価の設定にもよるが、利益を生み出すのは困難だ。それよりもなにより、自分で本を売ったり友人に贈呈したりしたいではないか。
 
続きを読む 作品集制作のススメ(3) amazon-kindle ダイレクト出版のつづき

作品集制作のススメ(2) 出版にかかる費用

 今回amazon-kindleのオンデマンド出版サービスを利用してみた。結論から言って、このサービスを利用すれば作品集を出版するハードルは、また一段と下がったといえる。このサービスの報告だけしようと思ったが、この際ある程度まとめて「作品集制作のススメ」を書いておくことにする。

 2回目は費用について。作品集を作りたいが、一体どれくらい費用がかかるのか心配だという方も多いだろう(多分)

続きを読む 作品集制作のススメ(2) 出版にかかる費用

作品集制作のススメ(1) Kindle ダイレクト・パブリッシングの印刷品質

 今回amazon-kindleのオンデマンド出版サービスを利用してみた。結論から言って、このサービスを利用すれば作品集を出版するハードルは、また一段と下がったといえる。このサービスの報告だけしようと思ったが、この際ある程度まとめて「作品集制作のススメ」を書いておくことにする。
続きを読む 作品集制作のススメ(1) Kindle ダイレクト・パブリッシングの印刷品質

【新刊】『詰将棋つくってみた2021』新発売です(3)

紙の本が購入可能になりました。書影をクリックでamazonのページに跳びます。

価格は次のようになります。

つみき書店の経理担当から申し上げますと、この本は初めからpdfで企画されたもので、ペーパーバック版はどうしても紙で欲しい方のためのサービスです。ペーパーバック版で売れてもつみき書店に利益はありません。できましたらpdf版をよろしくお願いいたします(^^)。

【新刊】『詰将棋つくってみた2021』新発売です

詰将棋つくってみた2021年の課題1から課題12までをまとめたものです。
221局。なかなかのボリュームです。

作品を掲載している作家の皆様には先程メールで送信しました。
届いていないよという方がいらっしゃいましたらご連絡ください。

なお、この本はpdfのダウンロード販売です。
タブレットやPCで読んでください。

紙の本で欲しい!という方はもうしばらくお待ちください。
近日中にamazonで購入できるようになる予定です。

夏休みの自由研究2022

夏休みになりました。

昨年つくった小冊子『夏休みの自由研究2021』もすべて配布しつくしました。
今年もやります!

詰将棋に関する自由研究を募集します

今年も全国大会は中止になりましたが、あちこちで配布したり、つみき書店で本を購入してくださった方にオマケでつける予定です。

  • A5に組版して2頁以上。
    具体的には\(18字\times 150行\)以上とします。図面はキャプション込みで11行で計算します。
  • 未発表の論考に限ります。
  • 投稿先はkazemidori+jiyukenkyu@gmail.com
  • 締切は8月31日
  • レポート提出者には全員に完成した小冊子を参加賞としてお渡しします。
    優秀作には豪華賞品を差し上げます。
    佳作には粗品を差し上げます。
  • ただしレポート提出者があまりに少ない場合は、この企画は没となり、小冊子は作成しません。

さらに細かい注意。

  • 詰将棋作品を引用する場合は全詰連の指針に従ってください。(詰将棋情報をきちんと記入する)
  • 原稿の形式は慣れた形でかまいませんが、つみき書店が一番助かるのはテキストデータ+棋譜ファイルです。