詰将棋つくってみた(65) 課題13:選評

Judge:仲西哲男

課題13:五手詰を創ってください。

優秀作

【第7問】小林敏樹

正解
35香、同飛、75角、同飛、32銀まで5手詰

35香の焦点打で呼んだ飛車の効きに捨てる75角の巧さ。
小林作はいまさら授賞とも思いますが、表現の適格さは流石です。

【第19問】松θ拓矢(その5)

正解
23角成、34馬、35龍、同馬、33馬まで5手詰

2手目34馬が今回全作中随一の妙手。
この34馬を評価しました。

講評

【第1問】松田圭市

正解
31飛成、21桂、22角、12玉、24桂まで5手詰

2手目うっかりしやすいが桂合でないと13銀成で駒余りとなる。

【第2問】negitarou

正解
56角成、14玉、13飛成、同玉、23馬まで5手詰

58龍だと56角成が見えやすいので玉方52歩にしては。

【第3問】武田裕貴

正解
26香、35玉、27桂、26玉、15角成まで5手詰

短香からの詰め上りが狙いだが、47龍は攻方54馬、玉方46歩の案もある。

【第4問】negitarou(その2)

正解
57金、55玉、37角、65玉、64馬まで5手詰

左右対称形だが次回は好手を入れてほしい。

【第5問】negitarou(その3)

正解
56角成、14玉、47馬、15玉、25馬まで5手詰

2番の姉妹作。できれば初手も別な手にしたい。

【第6問】松田圭市(その2)

正解
31銀成、同玉、23桂、41玉、32角まで5手詰

初形と詰め上り形が狙いか。

【第8問】はせがわ ゆ

正解
64金、同角、44金、同銀、98馬まで5手詰

64金に対する応手の多いこと。

【第9問】negitarou(その4)

正解
33角成、24合、26銀、同玉、37角成まで5手詰

33角成は捨駒にしたい。

【第10問】武田裕貴(その2)

正解
23飛、14玉、15歩、23玉、33飛成まで5手詰

打歩詰に備え23飛とじかに打つテーマが明快。

【第11問】keima82

正解
26飛、同角、16飛成、同桂、45角まで5手詰

25飛と捨てておかないと45角に36歩合で詰まない。

【第12問】negitarou(その5)

正解
44角成、同香、43銀、45玉、23角成まで5手詰

4手目同玉でなく意外性のある45玉、23角成を作意とする作者に賛成である。初手は工夫したい。

【第13問】松田圭市(その3)

正解
44桂、同龍、22角成、同玉、23金まで5手詰

44桂が一石二鳥の捨駒。

【第14問】はせがわ ゆ(その2)

正解
56龍、同銀、54馬、同玉、55金まで5手詰

56龍が決断の一手。

【第15問】松θ拓矢 「Chuai Assortment」

正解
25金、同香、26銀、同香、27馬まで5手詰

香の王手を遮る手順。意表を突く詰め上り。

【第16問】松θ拓矢(その2)

正解
46飛、44金、43香、同金、33馬まで5手詰

縦方向の飛車に金合のバージョン。シリーズ3作では本作が一番いい。

【第17問】松θ拓矢(その3)

正解
32桂成、44金、34金、同金、33馬まで5手詰

横方向の飛車に金合のバージョン。

【第18問】松θ拓矢(その4)

正解
47馬、36銀、25角、同銀、16龍まで5手詰

角に対する銀合のバージョン。

【第20問】松θ拓矢(その6) 「落とし弾」

正解
89龍、59龍、同龍、49香成、29飛まで5手詰

49成香を取ると39香成が来る。

「詰将棋つくってみた(65) 課題13:選評」への1件のフィードバック

  1. 第7問の作者の小林です。
    実はこの図は新作ではなく、過去に発表したものの改作案でしかないことを白状します。
    原図は2002年6月詰パラに発表した11手なのですが、その後のミニ作品集でも改作案を2種類出していました。
    初手に75角とする厄介な紛れがあるのですが、この図だと53歩合、35香に34桂と跳ねて逃れる・・・というアイデアだけが本図の取り柄でした。

    ともあれ、解答していただいた皆様、ジャッジの仲西さん、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください