詰将棋つくってみた(14) 課題1追加出題の結果発表

創作課題\(1+n\):1筋に飛車を2連続で捨てる詰将棋を創ってください。
\(n=0\) 1筋に飛車2枚連続で捨てる
\(n=1\) (1x玉に対し)1y飛、同玉、1x飛、同玉、〇〇迄
\(n=2\) (11玉に対し)19飛、同x、1y飛、同z、〇〇迄
\(n=3\) (2x玉に対し)1(x-1)龍、同〇、1(x+1)龍、同〇、〇〇迄 +-は逆順も可
\(n=4\) 連続で捨てる飛の1枚を序で盤面に打っておく(7手)
\(n=5\) 連続で捨てる飛を2枚とも序で盤面に打っておく(9手)
\(n=6\) 連続で捨てる飛を2枚とも序で間駒で入手する
\(n=-1\) 「1筋」の縛りや「連続」の縛りを外した作品でもとにかく飛車を2枚捨てればOK

課題が分かっていれば解くのは簡単!
な出題でしたが逆に簡単すぎたせいか解答者は7名でした。
もっと解答ください!

創作課題1+0

【第1問】冬眠蛙

正解  14飛、同香、15飛、同香、17歩、27玉、37馬 まで7手詰

占魚亭 打歩打開の連続飛捨て。
チョロ松 15飛から25馬の筋を考えて一苦労(汗)。
奥鳥羽生 唯一の 打ち歩がらみに 個性見ゆ
藤田卓志 盤上の飛車が、順番通りに消えるのがいいと思います。
冬眠蛙 自作。うーん、安直。
誰野文駄郎 攻方54馬、45馬と配置したいですね!松田作と同じ打歩打開を選んだのがスマートです。

【第2問】springs (feat. みつかず)

正解 27桂、同と、16飛、同と、14飛、同桂、25馬(角成) まで7手詰

占魚亭 角馬連結を目指すため。
チョロ松 14飛に26玉、16飛が入ると思った…
奥鳥羽生 散髪に 行ってスッキリ 初手加ゆ
藤田卓志 と金の守りが固いので、勇気のいる飛捨てですね。
冬眠蛙 初手がよいですね。
誰野文駄郎 最終的にはみつかずさんが更に推敲されることを期待します。

創作課題1+1

【第3問】小林敏樹

正解 14飛、同玉、15飛、同玉、25角成 まで5手詰

占魚亭 飛車を消す手品。
チョロ松 13飛から考えてしまった。38角が好配置。
奥鳥羽生 四手かけ 一駒消去 原形に
藤田卓志 持駒の飛捨てから考え、悩みました。
冬眠蛙 ふむふむ、初手25飛ではダメですね。
誰野文駄郎 私も作図を試みましたが38角の配置は一緒でした(^^)。14飛打、同香、同飛、同玉、15香の筋とか結構強力ですよね。

【第4問】ばけ

正解  16飛、同玉、15飛、同玉、25馬 まで5手詰

占魚亭 飛車を消す手品その2。小林氏作よりもコンパクト。
チョロ松 35飛などと余計な手を考えてしまった。
奥鳥羽生 四手かけ 一駒消去 原形に
藤田卓志 第3問がヒントになりました。
冬眠蛙 スマートにできていて感心。
誰野文駄郎 14銀が余詰を防ぎ、簡素に纏めるうまい配置。中の人はベテランですね。

創作課題1+2

【第5問】小林敏樹

正解  19飛、同桂成、16飛、同桂、22と まで5手詰

占魚亭 香の利きを通すため。
チョロ松 飛桂飛桂のリズムを楽しむ。
奥鳥羽生 飛車投資 邪魔な後手駒 どけにけり
藤田卓志 何と言ってもスマート。一番に解きました。
冬眠蛙 ほとんど協力詰の感触。
誰野文駄郎 なんか懐かしい感じ。この素材から1作仕上げてみてほしい。11手ぐらいでどう?

【第6問】風みどり

正解 19飛、同馬、15飛、同馬、23桂 まで5手詰

占魚亭 受方桂を移動させるための手続き。
チョロ松 55馬は37だと変長ですか…
奥鳥羽生 飛車投資 邪魔な後手駒 どけにけり
藤田卓志 小宇宙を思わせる舞台に拍手、喝さいを送ろう。
冬眠蛙 この手の無意味なダイナミックさは好みです(笑)

【第7問】ばけ

正解 19飛、同金、18飛、同金、88角 まで5手詰

占魚亭 88角と指すために。
チョロ松 配置に無駄がなく好感持てる
奥鳥羽生 全指し手 八九段のみ 望遠鏡
藤田卓志 飛車を食べる金と、定位置に何げなく戻る角が面白い。
冬眠蛙 香成から28飛が危なそう。読む気しませんが。
誰野文駄郎 斜めの大駒3枚の配置が美しい。

創作課題1+3

【第8問】風みどり

正解 13飛成、同歩、15龍、同玉、25馬 まで5手詰

占魚亭 35玉の変化に備えた初手。
チョロ松 35玉の変化がちょっぴり…
奥鳥羽生 飛は邪魔よ さっさとどいて 龍活かす
藤田卓志 玉が逃げると、大駒の力で詰ませる作図に惚れます。
冬眠蛙 飛龍の違いの活用。

【第9問】ばけ

正解 13龍、同金、15龍、同玉、25角成 まで5手詰

占魚亭 気持ちいい上下からの竜捨て。
チョロ松 15龍、同玉、47角から15龍と捨てる手を読んでしまった(笑)
奥鳥羽生 玉方の 金を誘導 前準備
藤田卓志 変化手順に対する対応の配置が絶妙。
冬眠蛙 初手が伏線になってますね。
誰野文駄郎 間に攻方の角を挟むというアイデアが秀逸。

【第10問】小林敏樹

正解 16龍行、同と、14龍、同と、24金 まで5手詰

占魚亭 角の利きを通せばこちらのもの。
チョロ松 25玉の逆立ちはご愛嬌。
奥鳥羽生 ピンされて と金無力化 龍威力
藤田卓志 天空の扉を開く16龍上がり。
冬眠蛙 龍の2連捨ては大変そう。解くのは楽ですが。
誰野文駄郎 これはよくこの配置で実現できたもの。最初2手目34玉が変同かと思った。

創作課題1+4

【第11問】springs(feat.小沢卓也)

正解 27飛、16玉、18飛、同と、17飛、同玉、27金 まで7手詰

占魚亭 飛車消去&18地点封鎖を実現。
チョロ松 初手27金で結構考えた。
奥鳥羽生 散髪に 行ってスッキリ 上下逆
冬眠蛙 打って捨てる気持ちよさ。
誰野文駄郎 最終的には小沢さんが更に推敲されることを期待します。

【第12問】ばけ

正解 25飛、16玉、14飛、同歩、15飛、同玉、25角成 まで7手詰

占魚亭 4手かけて飛車を消去。
チョロ松 なぜか25飛が浮かばなかった…。
奥鳥羽生 六手かけ 一駒消去 原形に
藤田卓志 初手の飛車打ちが、なかなか見えませんでした。
冬眠蛙 構図の取り方うまい。
誰野文駄郎 解答例2を2手逆算した形。オイラも同じこと考えました(^^)

【第13問】あとれい

正解 35飛、25桂、26銀、16玉、17飛、同桂成、15飛、同香、25銀 まで9手詰

占魚亭 きれいに合駒移動が入りましたね。
チョロ松 突如合駒問題が(笑)。 虫の良い手順を簡潔に表現。
奥鳥羽生 確認す 変化のための 四四歩
冬眠蛙 柳原さんでこの筋のがありましたね。
誰野文駄郎 2手目の変化が作品に厚みを加えていますね。

創作課題1+5

【第14問】ばけ

正解 34飛、15玉、25飛、16玉、14飛、同歩、15飛、同玉、25角成 まで9手詰

占魚亭 12の改良。
チョロ松 第12問が良い練習になりました。
奥鳥羽生 取られそう でも生き延びし 支え桂
藤田卓志 第12問をタイムマシンで遡る感じ。
冬眠蛙 自然な逆算。
誰野文駄郎 やはり同じこと考えましたが、余詰が怖くて構図を広く取ったオイラの負けです。

【第15問】springs

正解 37飛、16玉、26飛、15玉、17飛、同と、16飛、同玉、26金 まで9手詰

占魚亭 11の改良。
チョロ松 飛車を3回捨てるところは第11問と似た味。
奥鳥羽生 他に比して 変化紛れに 一考す
冬眠蛙 自然な逆算。
誰野文駄郎 配置も変化も綺麗です。

総評

チョロ松 同じテーマもこれだけ揃うと少しずつ表現の違いが見られて面白かったです。

Judgeを今回も小林敏樹さんが書いてくれるとのことで暫くお待ちください。

解答成績

Q1 Q2 Q3 Q4 Q5 Q6 Q7 Q8 Q9 Q10 Q11 Q12 Q13 Q14 Q15
あとれい
占魚亭
チョロ松
奥鳥羽生
藤田卓志 当選
冬眠蛙
誰野文駄郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください