詰将棋つくってみた(37) 課題9:玉方大駒の不成

課題9:玉方の飛車または角の不成を含む詰将棋を創ってください。

いよいよここから応手にも狙いを詰め込んでいくことを学んでいきましょう。(ベテランから新鋭の作家まで投稿をくださっていますが、この連載の基本は「詰将棋創作入門」です)

まずは大駒の不成から。
小駒の不成も当然考えられますが、今回は飛車または角に限定します。

【例1】風みどり


9手詰です。例によって投稿が集まらなかったときの保険で作意は秘めておきます。
飛車不成の基本形です。

【例2】風みどり


33手詰(^^;;;
しかし楽しく詰めることができるはずです。角不成5回。
原作は久留島喜内
類作がごまんとありますがご勘弁ください。

【例3】風みどり


9手詰です。飛車角の不成。

  • 手数制限はありません。
  • 未発表作に限ります。
  • 投稿先はkazemidori+kadai@gmail.com
  • 締切は8月31日
  • Judgeは岡本眞一郎さんです。不成なのでまたお願いしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください