詰将棋雑談(17) 実戦型から〇〇

詰将棋入門(52)で実戦型から馬鋸が登場する作品を紹介した。

実はオイラにも実戦型から馬鋸が飛び出す作品がある。
でも1つはメンタルヘルスのネタだし,もう1つは今思い出したばかりの未完成作品だった。

それで替わりに実戦型から○○をお見せしよう。

風みどり 詰パラ 1985.4


なに,これは意外性も何もないって?
そりゃ,飛車があんな所にあったらね。

そんでは,大御所の傑作に登場願おうか。

柏川悦夫 『詰将棋半世紀』第1部駒と人生第78番 近代将棋1960.8

これも73とと余詰消し(?)の83歩が辛いなぁ。

そんではとどめに詰将棋を捕まえる男,相馬康幸の名作だ。

相馬康幸 「夢の跡」 詰パラ1988.8

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください