詰棋書紹介(41) 半期賞作品集


詰将棋パラダイス半期賞作品集 石沢孝治編集 1979.3.31

奥付もない。
リコピー版だ。
ただし活版が存在したわけではなく、はじめからリコピー版なのではないかと思われる。
昭和30年1月号から昭和53年12月号の42期分を収録されている。
総目録によると発行は1979.3.31らしい。

それにしても半期賞とはわかりやすいが、もっと良い名前はなかったのだろうか。

看寿賞は素晴らしい命名だ。年間最優秀作。
誰もにアピールする。

半期賞は近代将棋の塚田賞に対応する表彰なのに、なんだか盛り上がらない。

塚田賞は塚田賞作品集、そして近代将棋図式精選と書籍化されたが(これも途中までではあるが)半期賞に至ってはこのリコピー版が唯一なのである。

柴田昭彦氏の長期連載「名局ライブラリー」が実質半期賞作品紹介なので、是非、書籍化してもらいたいところだ。

石川幸雄 『半期賞作品集』第118番 詰パラ1966.3

58歩がなければ9手詰。
58歩を消去するために、銀を動かし、また戻す。
面白い!


追記(2020.8.9)
匿名希望さんの指摘で良く探してみたら奥付がありました。
それで少し書き直してあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください