詰将棋つくってみた(88) 課題18:結果発表(講評)

Judge:馬屋原剛

総評

 32作という数には驚きましたが、楽しみながら全問解きました(数問誤解しました)。打歩打開のテーマを突き詰めた作品は少なかったものの、個性溢れる作品が多かったです。
 創作初心者には少し難しいかもしれませんが、手の持つ「意味付け」に気を配るとより良くなる作品がいくつかありました。例えば、捨て駒一つとっても、単に玉を移動させるものと、取り歩駒を呼んでくるものでは、妙味が違ってきます。注意点としては、一つの着手に複数の意味付けを持たせないようにしてください。指将棋では、複数の意味がある手は「味がよい」と言われますが、詰将棋では真逆で、その手が非効率であればあるほど不利感が生まれ好手となりやすいです。また、複数の意味付けがあると本当に伝えたいテーマが伝わりづらくなってきます。ここら辺の感覚がわかってくると創作より楽しくなってくると思います。

優秀作

第22問 やよい

正解 ▲66銀 △同と ▲65金 △同と ▲64馬 △同と
▲54金 △同と ▲44銀右不成△同と▲33桂成△35と
▲45金 △同と ▲56歩 △同と ▲95飛まで17手詰

 打歩打開という感じはしないが、「課題についてのコンクールという趣旨ではなく、あくまで詰将棋として一番好きな作品を選んでください。」というオーダーだったので本作を優秀作とする。
と金がすばしっこく駆け巡るさまは文句なしに面白い。翻弄作品は数あれど本作のように邪魔駒をバンバン捨てていく手順は相当珍しいのではないか。作者の発想の豊かさにはいつも感心させられる。駒取りもなく、95飛の1手で終わるのもよい。見事に心を掴まれてしまった。

佳作

第6問 はせがわ ゆ

正解 ▲53馬 △同玉 ▲64角 △44玉 ▲55角 △同香
▲45歩 △53玉 ▲65桂まで9手詰

 縛り駒を消去できる位置へ打ち換える構想作。新鮮に感じたので佳作とした。解いたときは、56桂~64飛生の紛れにハマったり、2手目同香の応手に悩んだ。テーマに比して配置が大袈裟という意見もあるかもしれない。実際以下のようにすれば駒数を減らせる。しかし、前述の変化紛れが消えてしまうので絶連となってしまう。53馬のインパクトのためにはこの配置は必要不可欠なのだろう。

第25問 オオサキ

正解 ▲44馬 △35桂 ▲36香 △48歩 ▲38桂 △36玉
▲26桂 △同玉 ▲48角 △同龍 ▲16飛 △27玉
▲45馬 △同桂 ▲17飛 △26玉 ▲27歩 △同桂成
▲16飛まで19手詰

 森田手筋に一ひねりを加えてきた。45馬が見えるだけに、心理的に36香とは指しにくい点が高得点。歩を取る前に36香を消しておく手順がエレガント。

講評

第1問 松θ拓矢

正解 ▲69角 △47金 ▲46歩 △同金 ▲55金まで5手詰

 「(広義の)森田手筋理論上最短手数が狙い。」とのことだが、2手目の合駒が角道を遮断しているので、36への逃げ道が開いてしまっている。これでは森田手筋を主張するのは苦しい。さらには、5手で(広義の)森田手筋を実現した作品は既にある(この詰2012年度版258P参照)。
 実力のある作者だけに厳しい評になってしまって恐縮だが、解いたときは初手14角が第一感だったため69角は意外性があり、この点は評価できる。

参考URL 「積極性について」

第2問 荒川貴弘

正解 ▲27金 △同飛不成▲29桂△同飛成▲18歩 △同龍
▲26馬まで7手詰

 初手29桂と手順前後すると、同飛生が唯一の逃れ順になっている点が素晴らしい。

第3問 kisy

正解 ▲56龍 △同角不成▲66桂△同馬 ▲55歩 △同馬
▲43銀不成まで7手詰

 打歩打開の3手段(攻方の利きを弱める、玉方の駒を移動して退路を空ける、取歩駒発生)を全て盛り込んで短手数(最短?)でまとめた作品。意欲作で評価したかったが、初手が56地点を予め塞いでおく意味も兼ねてしまっているので減点。

第4問 灯凜

正解 ▲76龍 △56桂 ▲37歩 △47玉 ▲48銀 △同桂成
▲36龍まで7手詰

 47への利きを消したいが、その手段がソッポなのがよい。合駒を動かして綺麗なまとめ。下図のようにすれば駒数が減る。

第5問 negitarou

正解 ▲23飛 △同玉 ▲44と △56と ▲35桂 △同銀
▲24歩 △同銀 ▲14銀まで9手詰

 銀の2回移動がテーマということだが、もう一ひねりしたい。18芹田作を参考にするとよいかも。

第7問 羽毛布団

正解 ▲52角成△43飛 ▲35銀 △同玉 ▲53馬 △34玉
▲45金上△同飛 ▲35歩 △同飛 ▲44金まで11手詰

 最初は香合だと思った。強い飛合をしたせいで、それが取り歩駒になってしまう皮肉さよ。

第8問 カワセミ

正解 ▲33桂 △同飛 ▲22歩 △32玉 ▲21角 △41玉
▲32角打△同飛 ▲42歩 △同飛 ▲33桂まで11手詰

 退路空けのためにどかした飛が、後半は取り歩駒になるのが面白い。

第9問 ベターハーフ「うずまき」

正解 ▲32角成△23桂 ▲24馬 △同玉 ▲33馬 △14玉
▲15歩 △同桂 ▲24馬 △同玉 ▲34飛成まで11手詰

 昔からある手順で、特に世阿弥作(スマホ詰パラNo1447)の7手目から同一手順だ。前例とぶつかるのは実力がある証拠なので、これに懲りずにどんどんチャレンジして欲しい。

第10問 かいりゅーになりたい

正解 ▲12銀不成△同と▲34馬 △同龍 ▲24歩 △同龍
▲32銀不成△22玉▲14桂 △同龍 ▲33香成まで11手詰

 打歩詰打開の部分は単純だが、12銀や14桂が入ったところに確かな技術を感じる。

第11問 シナトラ

正解 ▲37金 △同香不成▲54馬△同桂 ▲45角 △同歩
▲36銀 △同香 ▲28歩 △38玉 ▲48金まで11手詰

 3枚捨ては前例があるが4枚にしたのが偉い。2手目の生も気が利いているし、捨てる順番もそつなく限定されている。

参考URL:https://www.ne.jp/asahi/tetsu/toybox/kurukuru/kt173.htm

第12問 駒井めい

正解 ▲12銀 △同玉 ▲32龍 △11玉 ▲22角 △同飛
▲12歩 △同玉 ▲24桂 △11玉 ▲21桂成△同飛
▲12桂成まで13手詰

 初手21桂成として考え込んでしまった。綺麗にまとまっている。

第13問 negitarou

正解 ▲13歩 △同玉 ▲25桂 △12玉 ▲23桂成△同香
▲13歩 △同角 ▲同桂成△同玉 ▲31角 △12玉
▲22角成まで13手詰

 こちらももう一ひねりしたいところ。具体的な案は悩ましいが。

第14問 すしぼーい

正解 ▲25銀 △同飛 ▲23角 △同飛 ▲35金 △33玉
▲42飛成△同香 ▲45桂 △同香 ▲34歩 △43玉
▲53歩成まで13手詰

 初形に身構えたが手順は素直。序の連続捨てがよい。以下のようにすると駒数が減ってスッキリするか(余詰めだったらすみません)。

第15問 久保紀貴

正解 ▲26桂 △同歩 ▲47角 △36角 ▲同角 △同と
▲25角 △同香 ▲74飛成△同と ▲15歩 △23玉
▲22と引まで13手詰

 23地点の利きをめぐる攻防。わかっていても4手目の味がよい。ストーリーが感じられる。

第16問 松田圭市

正解 ▲23桂 △同飛 ▲12歩 △21玉 ▲13桂 △同飛
▲22歩 △12玉 ▲24桂 △11玉 ▲23桂 △同飛
▲21歩成△同玉 ▲12桂成まで15手詰

 楽しめる軽趣向作品。なお、41銀と43銀は41金1枚にまとめたい。

第17問 芹田修

正解 ▲43角 △34桂 ▲同角成△同角 ▲27龍 △26桂
▲37桂 △14玉 ▲18龍 △同桂成▲26桂 △同龍
▲15歩 △同龍 ▲13銀成まで15手詰

 どこで歩を手に入れるのかと思ったら18だった。桂の活躍が目を引く。

第18問 芹田修

正解 ▲41馬 △32桂 ▲同馬 △同金 ▲26桂 △同歩
▲24飛 △13玉 ▲25桂 △同銀 ▲14歩 △同銀
▲22飛成△同金 ▲24銀上まで15手詰

 初手が取れない捨て駒になっているのがよい。最後も飛成で決めて流石に手馴れている。

第19問 negitarou

正解 ▲57歩 △46玉 ▲58桂 △同と ▲38桂 △同香成
▲47歩 △36玉 ▲28桂 △同成香▲39飛 △38香
▲同飛 △同成香▲28桂 △同成香▲37香まで17手詰

 桂を4枚とも捨てるのがよい。45龍にして76とを省きたい。

第20問 negitarou

正解 ▲42香成△66銀不成▲55馬△同銀 ▲23歩 △同飛
▲同桂成△同玉 ▲13飛 △34玉 ▲43飛成△24玉
▲13龍 △34玉 ▲35歩 △44玉 ▲43龍まで17手詰

 初手43香成の紛れを、「飛筋を遮断しているため詰まない」という意味付けにしたかった。

第21問 negitarou

正解 ▲38飛 △24金 ▲58飛 △66玉 ▲75桂 △68歩
▲同香 △同桂成▲67歩 △同成桂▲55銀 △65玉
▲66歩 △同成桂▲54銀 △64玉 ▲63桂成まで17手詰

 バッテリーが目を引いたが意外と素直な手順。2手目角合をして、以下58飛、66玉、75桂、68桂成、同香、同角生という展開を妄想した。

第23問 松θ拓矢

正解 ▲23香成△21玉 ▲11飛 △同玉 ▲31飛不成△21銀
▲12成香△同玉 ▲24桂 △11玉 ▲23桂不成△同歩
▲12歩 △22玉 ▲32桂成△同銀 ▲11飛成△33玉
▲25桂まで19手詰

 打歩打開部分に目新しさがないので、角合を消す馬2枚が辛く感じる。また厳しい評になってしまった。不悪。

第24問 negitarou

正解 55銀 △同玉 ▲65飛引成△44玉▲46飛 △同馬
▲45歩 △同馬 ▲77角 △同銀不成▲36桂打△同馬
▲同桂 △同成桂▲55角 △45玉 ▲37角 △44玉
▲55龍まで19手詰

 17手目の非限定はどうにかしたい。

第26問 武田裕貴

正解 ▲56金 △同玉 ▲55と △同玉 ▲58香 △57歩
▲同香 △同馬 ▲44龍 △56玉 ▲68桂 △同馬
▲47龍 △55玉 ▲67桂 △同馬 ▲56歩 △同馬
▲44龍 △同玉 ▲54馬まで21手詰

 淀みなく手が続く。抜群の巧さ。完成品。

第27問 negitarou

正解 ▲14歩 △23玉 ▲24歩 △33玉 ▲43香成△同歩
▲23歩成△同玉 ▲56角 △45桂 ▲同角 △33玉
▲23角成△同玉 ▲24歩 △33玉 ▲34銀 △同玉
▲35歩 △33玉 ▲25桂まで21手詰

 取り歩駒として角を誘致しようとする攻方に対して、桂合でそれを防ぐ点に工夫が見られる。

第28問 荒川貴弘

正解 ▲44馬 △同角不成▲12銀成△同玉▲13銀成△11玉
▲12成銀△同玉 ▲24桂 △11玉 ▲13飛成△同桂
▲12歩 △21玉 ▲32香成△同歩 ▲11歩成△同角
▲12金 △31玉 ▲41とまで21手詰

 初手が飛筋を通す意味を含んでいるのが惜しい。下図のようにすれば純粋な打診になるのでは。

第29問 negitarou

正解 ▲53歩成△同角不成▲同と△同玉 ▲44角 △42玉
▲43歩 △同玉 ▲55桂 △42玉 ▲53角成△同玉
▲63桂成△42玉 ▲43歩 △同玉 ▲44歩 △33玉
▲34香 △42玉 ▲52成桂まで21手詰

 と金を角に置き換えて打歩詰を打開するのがよい。さらに角も消して巧くまとめている。

第30問 keima82

正解 ▲16と寄△同と ▲18歩 △27玉 ▲26と △同と
▲28歩 △37玉 ▲36と △同と ▲38歩 △47玉
▲46と △同と ▲48歩 △57玉 ▲67と △同飛不成
▲68角 △同飛成▲58歩 △同龍 ▲66銀まで23手詰

 楽しい趣向に油断して20手目成ってしまった。意外と新しい趣向手順かもしれない。

第31問 はせがわ ゆ

正解 ▲23桂打△21玉 ▲31桂成△同玉 ▲43桂打△41玉
▲51桂成△同玉 ▲52歩 △41玉 ▲42歩 △31玉
▲23桂打△21玉 ▲11桂成△同玉 ▲12歩 △21玉
▲22歩 △31玉 ▲23桂不成△同龍▲41歩成△同玉
▲51歩成△31玉 ▲41と △同玉 ▲52馬 △31玉
▲42とまで31手詰

 簡単そうに見えてかなり悩んだ。桂と歩による良質なパズル。

第32問 やよい

正解 ▲65飛 △56玉 ▲66飛 △55玉 ▲82馬 △73角
▲同馬 △同銀 ▲65飛 △56玉 ▲38角 △47角
▲同角 △同香不成▲66飛△55玉 ▲37角 △46角
▲同角 △同香 ▲65飛 △56玉 ▲34角 △45角
▲同角 △同歩 ▲66飛 △55玉 ▲33角 △44角
▲同角成△同玉 ▲43銀成△35玉 ▲36歩 △同玉
▲46飛 △同歩 ▲54角 △35玉 ▲36香まで41手詰

 
 角打ち角合で局面を微小変化させていくのが楽しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください