いっこの積木(47)

第3章 7手詰

7手詰です。

風みどり 風みどりの玉手箱だと思う……

  • 感想を貰えたら喜びます。
  • その感想は作品集に収録させていただく可能性があります。
  • 正解はこの下にあります。
  • 正解を見ての感想でも歓迎です。


この作品について覚えているのは、とにかく久しぶりに作った7手詰だったということ。
そして「リハビリとしてならまずまず」という評をもらったことだ。

6手かけて駒を一つ動かして1手詰というパターン。
変化が玉が逃げるだけ–つまり守備駒と絡みがないので単調だ。

変同を嫌い人からは4手目62玉の変化に文句を言われるかもしれない。
でも73歩といった配置はしないのである。
だいたい6手目42玉も62玉も同玉もあるんだった。

ところで第3章7手詰がずいぶん長いかな。
皆さん飽きてきたんじゃなかろうか。
一旦、第4章に行こうかな。そろそろ。(無計画)

2+

「いっこの積木(47)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください