いっこの積木(129)

第7章 短篇前期(9手~11手詰)

新しい章に入る。
終わりも近づいてきた。
短編前期–詰パラでの分類だと「中学校」にあたる作品である。

風みどり スマホ詰パラ2014.5.20

  • 感想を貰えたら喜びます。
  • その感想は作品集に収録させていただく可能性があります。
  • 正解はこの下にあります。
  • 正解を見ての感想も歓迎です。

2枚の角の成り捨てが、同玉と同飛がある斜め対称な繰り返しにしたかったのだが、1枚目は駒取りなので味の落ちること甚だしい。
そこで初手とその変化に頼って仕上げた。逃げの作図だなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください