いっこの積木(132)

第7章 短篇前期(9手~11手詰)

新しい章に入る。
終わりも近づいてきた。
短編前期–詰パラでの分類だと「中学校」にあたる作品である。

風みどり 将棋ジャーナル 1985.3

  • 感想を貰えたら喜びます。
  • その感想は作品集に収録させていただく可能性があります。
  • 正解はこの下にあります。
  • 正解を見ての感想も歓迎です。

飛車(龍)の移動合。この132も130もちょうど「詰将棋つくってみた」で募集している「移動合」なのはまったくの偶然だ。

移動合した龍を66角、同龍、○○☗までという組み立てがよくあるものだが、本作は66角で止めを刺す順にしたのが主張。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください