いっこの積木(145)

第7章 短篇前期(9手~11手詰)

短編前期–詰パラでの分類だと「中学校」にあたる作品である。
9手詰も片付いて、いよいよ11手詰です。

風みどり 読売新聞(西部版)1996.10.2

  • 感想を貰えたら喜びます。
  • その感想は作品集に収録させていただく可能性があります。
  • 正解はこの下にあります。
  • 正解を見ての感想も歓迎です。

本作もずいぶん古い作品。
なんだか同一図があるような気がしていた。つまり解いたことを忘れて作ってしまうというアレじゃないかと。実はさっき同一図があったらヤダナと逆算した図を得たばかり。
11手では物足りない方はこちらをどうぞ。

32龍を入れるために3枚も(4枚?)駒が増えたので更にダラダラと手を伸ばしたのがバレバレ。

あぁそうだ。いまは同一図検索があるんだとかけてみたら、読売西部版に発表していたことが判明した。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください